Whirlpool、Engie との新VPPAにより米国事業における再生可能エネルギー100%達成へ

 

9月21日、大手家電メーカーのWhirlpoolは、2件目の風力発電による仮想電力購入契約(VPPA)を締結し、米国内の工場で使用する電力の100%を再生可能エネルギーで賄うことを発表した。

Whirlpoolは今年初め、Clearway Energyと最初のVPPAを締結し、テキサス州キャラハン郡にある同社の340メガワットの「Mesquite Sky」風力発電所から電力を調達することを発表している。エネルギー供給会社であるEngieとの新しいVPPAは、53MWの再生可能エネルギーに相当する。これは年間3万台の乗用車を道路から排除し、27,000世帯以上に電力を供給するのに十分な量となることを意味する。EngieとのVPPAは、2023年に本格的に稼働する。

Whirlpoolによると、本契約は、2030年のネット・ゼロ目標に向けた同社の進捗を加速させるのに役立つ。Whirlpoolは昨年、2030年のコミットメントを発表し、世界中の30以上の製造拠点と流通センターで、直接(スコープ1)および電力関連(スコープ2)のすべての排出量をネット・ゼロにすることを約束した。

【関連記事】米エネルギー省、主要企業・団体90社の2030年までの排出量半減を支援

目標達成のためにWhirlpoolが示した取り組みには、風力・太陽光パネルの設置や風力・太陽光発電所に出資する電力購入契約による再生可能エネルギー使用率100%への取り組みのほか、同社の工場や施設におけるエネルギー効率化プログラム、回避できない残りの排出量のオフセットなどがある。

【参照ページ】
(原文)Whirlpool Corporation to reach 100 percent renewable electricity for U.S. plant operations
(日本語訳)Whirlpool、Engie との新VPPAにより米国事業における再生可能エネルギー100%達成へ

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-11-29

    目指すは建設業界の人的資本の最大化。助太刀が推進するESG・サステナビリティ経営

    2022年10月、建設業界向けマッチングプラットフォーム「助太刀」を運営する株式会社 助太刀は、「…
  2. 2022-11-28

    SACとファッション産業気候行動憲章、スコープ3測定のためのガイダンス発行

    11月8日、アパレル業界の国際サステナビリティ団体Sustainable Apparel Coal…
  3. 2022-11-28

    ネスレ、食糧安全保障と気候変動への耐性強化でアフリカ・フード・プライズと提携

    11月9日、ネスレは、アフリカ農業の変革に向けた取り組みを支援するため、アフリカ・フード・プライズ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る