INPEXとVenture Global LNG、LNG 売買契約を締結

INPEXとVenture Global LNG、LNG 売買契約を締結

12月27日、株式会社 INPEXは子会社の INPEX Energy Trading Singapore Pte. Ltd.を通じて、Venture Global LNGのグループ会社である Venture Global CP2 LNG, LLC との間で LNG 売買契約を締結した。

本契約によりINPEXグループは、世界有数のLNG輸出国である米国からLNGを長期的に調達することで、LNG供給能力の拡大と供給ソースの多様化を図り、より一層世界のエネルギーの安定供給に貢献していく。

本契約に基づき、INPEXグループは、同社が米国ルイジアナ州にて開発を進める CP2 LNG プロジェクトより、年間約 100万トンのLNGを20年間にわたりFOB(本船渡し)にて購入する。本プロジェクトは必要な許認可の取得を経て、2023年頃に建設を開始する予定である。また、本プロジェクトより調達したLNG をINPEXの直江津 LNG 基地向けに供給するほか、本邦をはじめとする国内外の需要家の皆様への供給も予定している。

INPEXは、2022年2月9日に「長期戦略と中期経営計画 INPEX Vision@2022」を発表しており、その中でトレーディング事業の拡大及び中下流事業強化を掲げている。その取り組みを強力に推進するべく、年間 300 万トン程度の LNG 取扱量拡大を図り、参加プロジェクト権益分と合わせて 2030 年の LNG 取扱量を年間 1,000 万トン程度とすることを目指している。本契約は、この目標達成のための重要な取り組みとなる。

【参照ページ】
Venture Global LNG 社との LNG 売買契約の締結について(お知らせ)

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る