【ESG 企業分析⑪】統合報告書の改善度はNo.1!日本ペイントホールディングスのESG経営

こんにちは!ESG Journal Japan編集部です!

本記事はESG / SDGsに力を入れて取り組んでいる上場会社の事例を取り上げるシリーズになります。

第11弾として、本日は日本ペイントホールディングス株式会社(以下、日本ペイント)を取り上げたいと思います。

日本ペイントホールディングスについて

日本三大塗料メーカーの一角を担う日本ペイントを傘下に持つ持株会社。自動車用塗料が主力。世界初の防汚剤フリー船底塗料を開発するなど環境対応に注力。アジアに次ぐ成長市場の開拓に取り組む。

出所:SPEEDA

CSR/ESGにおける対外的評価

改善度の高い統合報告書(GPIF調査):6運用機関が選定


以降のコンテンツは無料会員登録を行うと閲覧可能になります。無料会員登録を行う

すでに登録済みの方はログイン画面へ

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-6-27

    ECIU、世界の大企業のネット・ゼロ目標の誓約に疑問を投げかける報告書を発表

    6月13日、英シンクタンクEnergy and Climate Intelligence Unit…
  2. 2022-6-27

    企業サステナビリティ報告指令、理事会と欧州議会の暫定的な政治的合意

    6月21日、欧州理事会と欧州議会は企業サステナビリティ報告指令(CSRD)に関する暫定的な政治合意…
  3. 2022-6-27

    国交省、気候変動をテーマにした2022年度国土交通白書を公表

    6月21日、国土交通省は2022年度版の国土交通白書を公表した。今年は気候変動をテーマとしている。…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る