「AIによるESG評価」執筆者書評インタビュー(シェルパ・アンド・カンパニーESG責任者中久保菜穂)

近年、AIの飛躍的進歩を背景として、ESG評価の現場においてもAIの利用が進んでいる中、この分野の先駆け的存在となる書籍が出版された。「AIによるESG評価 ―モデル構築と情報開示分析― 」だ。

ESG評価と情報開示には様々な課題がある。ESG評価機関対策や、さまざまな開示基準に対応した情報開示に悩んでいる企業も多いだろう。投資家などのステークホルダー側もこうした評価や情報を使いこなすことに課題を抱えている場合が少なくない。

本書籍は研究者やESG評価の専門家が、AIによるESG評価やESG情報の分析について多様な視点を提供し、こうした課題解決の可能性を提示するものである。

今回は、執筆者の一人である中久保菜穂(シェルパ・アンド・カンパニー、Chief ESG Innovation Officer, ESG責任者)に、本書籍の概要や企業にとっての示唆について解説を聞いた。

AIによるESG評価モデルとESG情報の分析

この書籍の主題は「第1部:AIによるESG評価モデルの構築」、「第2部:AIによるESG情報分析」である。前半ではAIによってESG評価を試みたり、それに関する関連研究が紹介されている。後半では、もう少し広くAIによる情報分析という課題について、様々な切り口の研究が収録されている。

また、本書籍の各章はESG評価の分野に詳しい研究者や、実務経験が豊富な専門家が学術的な見地から執筆している。AIによるESG評価を検討する際に、俯瞰的な洞察を提供していると言えるだろう。


以降のコンテンツは無料会員登録を行うと閲覧可能になります。無料会員登録を行う

すでに登録済みの方はログイン画面へ

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る