Honeywell、アジア太平洋地域で再生可能燃料製造技術を展開

10月25日、産業用製品、ソリューション、テクノロジー企業のHoneywellは、アジア太平洋地域の精製顧客が再生可能な原料から持続可能な航空燃料(SAF)などの再生可能燃料を生産できるようにする技術とデジタルソリューションを提供すると発表した。

Honeywellによると、本ソリューションは、利用可能な資源を最大限に活用し、廃棄物を削減しながら、低炭素の持続可能な燃料を生産する技術を導入し、急速に拡大する再生可能燃料の需要に対応する必要性に顧客が対処するのを支援する。

「Honeywell UOP」は、SAFを生産するEcofining技術、石油ベースのジェット燃料と比較してライフサイクル全体でGHG排出量を最大80%削減できるEthanol to Jet fuel(ETJ)など、幅広い潜在的な原料ソースから再生可能燃料の生産を可能にするソリューションのポートフォリオを提供する。 eメタノールをeSAFに変換し、従来のジェット燃料と比較してGHG排出量を88%削減できるHoneywell UOP eFining、バイオマス原料を暖房、電力、輸送用の再生可能燃料に変換するRapid Thermal Processing(RTP)も含む。

Honeywellはまた、既存の製油所を再生可能燃料生産用に改修するための専門知識を提供し、より少ない設備投資で再生可能燃料への迅速かつ費用対効果の高いルートを提供すると述べた。これには包括的なデジタル・ソリューションが含まれ、サイバーセキュアなハードウェアとソフトウェア技術が特徴。

【参照ページ】
(原文)Honeywell Offers Renewable Fuels Technologies To Refiners In Asia Pacific
(日本語参考訳)ハネウェル、アジア太平洋地域で再生可能燃料製造技術を展開

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る