Moody’s、ESGクレジットインパクトスコアを拡大

Moody’s、ESGクレジットインパクトスコアを拡大

12月8日、Moody’s Investors Serviceは、ESGプロファイルとクレジットインパクト・スコアを大幅に拡充し、自動車、石油・ガス、公益事業、紙・林産品、メディア、通信、半導体・テクノロジー、金融機関、多国間開発銀行など、幅広い分野の企業の追加を発表した。

Moody’s は、本レポートにより、各企業のリスクエクスポージャーや信用への影響の度合いなど、ESGへの配慮を企業の信用分析に組み込む。本レポートには、発行体プロファイルスコア(IPS)とクレジットインパクトスコア(CIS)の2種類のESGスコアが含まれている。IPSスコアは、信用リスクに重要な影響を与える可能性のあるESG要素に対する発行体のエクスポージャーを測定し、CISスコアは、それらのESG要素が発行体の信用格付けに与える影響を測定する。

Moody’s は、2021年1月にこのスコアを発表し、当初はソブリン発行体に焦点を当てていたが、1年を通して対象を拡大し、ヘルスケア、電気・ガス事業、州・市・郡などのセクターを追加した。今回の追加により、全世界で1,700以上の格付けされた債券発行体をカバーすることになった。

Moody’s は、今回の調査結果の一部を発表した。その中で、ESGの観点、特に炭素移行リスクはほとんどの自動車メーカー、石油・ガス会社、公益事業に全体的にマイナスの影響を与えていること、また、社会的リスクやガバナンスリスクは、メディアやエンターテインメントの分野にマイナスの影響を与える傾向があることを強調している。

【参照ページ】
Moody’s – ESG credit impact scores expanded to autos, oil & gas, utilities, and more sectors

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る