インターコンチネンタル取引所、気候データと分析のプロバイダーであるrisQとLevel 11 Analyticsを買収

インターコンチネンタル取引所、気候データと分析のプロバイダーであるrisQとLevel 11 Analyticsを買収

12月9日、Intercontinental Exchange(ICE)は、気候に特化したデータ・分析会社であるrisQ社とLevel 11 Analytics社の買収を発表した。これにより、米国の債券、地方債、住宅ローン担保証券市場におけるオルタナティブ・データの提供に、地理空間情報に基づく気候リスク・モデリング機能が加わった。

2016年に設立されたrisQ社は、地方債の保有者に気候変動がもたらす複雑な財務リスクをモデル化している。2019年に設立されたLevel 11 Analyticsは、地理空間機械学習技術を活用して、透明性の高い経済、人口統計、気候、ビジネス分析を提供している。両社はそれぞれのデータを統合し、金融証券にマッピングすることで、高品質な気候リスク分析と投資意思決定ツールを提供している。

ICEとrisQは、2020年初頭から共同で、米国の地方債投資家にICE Climate Riskソリューションを通じて定量化可能な気候リスク情報を提供しており、後に社会的影響スコアを提供内容に統合し、Level 11は基盤となる地理空間技術と分析を多く提供している。

【参照ページ】
(原文)ICE Expands Climate Change and Alternative Data Capabilities With Acquisitions of risQ and Level 11 Analytics
(日本語訳)ICE、risQとLevel 11 Analyticsの買収により、気候変動と代替データの機能を拡大

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る