UNEP FI、金融機関に向け気候ストレステストに関するガイドを発表

UNEP FI、金融機関に向け気候ストレステストに関するガイドを発表

12月6日、国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)は、金融機関に向け 「気候ストレステスト実践ガイド」 を発行した。各国の金融当局の間で気候ストレステストの動きが広がる中、先行して導入している銀行が知見をまとめた。

本ガイドは、気候ストレステストを理解し、効果的に実行するための計画を立てようとしている金融機関のための詳細なユーザーガイドである。銀行、投資家、保険会社の気候ストレステストの実施を支援するために作成されたもので、各企業のニーズに合わせて適応する必要がある。

本ガイドの開発主体は、UNEP FIのTCFDワーキンググループであり、これまでも金融機関向けの気候変動シナリオ分析ガイドを発行してきた。現在の同ワーキンググループには45銀行が参画しており、日本からは三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)、三井住友フィナンシャルグループ、みずほフィナンシャルグループが入っている。

本ガイドの主要な内容として、気候ストレステストのチーム編成やデータ収集、テスト構造の展望などが挙げられる。

【参照ページ】
GOOD PRACTICE GUIDE TO CLIMATE STRESS TESTING

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る