H2 Green Steel、低炭素鋼の 約336億円の供給契約を発表

H2 Green Steel、低炭素鋼の 約336億円の供給契約を発表

4月17日、脱炭素鋼の新興企業であるH2 Green Steelは、自動車、工具、家具部門の顧客向けにドイツを拠点とする冷間圧延鋼ストリップのメーカーである BILSTEIN GROUPとの間で、低炭素フットプリントの鋼を納入するための2億 5,000万ユーロ(約336億円)以上の供給契約を確保したと発表した。BILSTEIN は、H2 Green Steel の初期の投資家でもある。

世界中の製造業者がサプライチェーンの脱炭素化を目指しているため、化石燃料を使用しない鉄鋼の需要は、今後数年間で大幅に増加すると予想される。 鉄鋼業は世界最大の CO2 排出国の 1 つであり、この分野からの温室効果ガス総排出量 (GHG) は化石燃料の世界的な使用による直接排出量の 7% ~ 9% を占めており、削減がより困難な分野の 1 つである。

2020 年に設立された H2 Green Steel は、スウェーデンのボーデンに世界初の大規模な化石燃料を使用しない鉄鋼プラントを建設している。本プロジェクトには、鉄鋼生産施設の統合された一部として、巨大なグリーン水素プラントが含まれている。 同社は、グリーン電力を使用して生成された水素を使用して酸化鉄から酸素を除去し、通常生成される CO2 排出量の 95% を削減する。H2 Green Steel は、製造プロセスで生成されるエネルギー要件に 100% 再生可能エネルギー源からの電力を使用して、2030 年までに 500 万トンの化石燃料を使用しない鋼を生産することを目指している。

両社によると、この契約は BILSTEIN GROUP が CO2 削減目標を達成するのに役立ち、熱間圧延鋼は同社の最終製品の二酸化炭素排出量の 90% 以上を占めている。

7 年間の供給契約では、ボーデンにある H2 Green Steel の工場から 2026 年に出荷が開始される予定である。 両社は、鋼種の開発、二酸化炭素排出量の削減に関するベストプラクティスの共有、および H2 Green Steel の事業における BILSTEIN GROUP の生産拠点からのスクラップをリサイクルするための循環モデルについても協力すると述べた。

【参照ページ】
(原文)BILSTEIN GROUP reduces CO2-footprint through deal with H2 Green Steel that exceeds €250 million  
(日本語訳)BILSTEIN GROUP は、H2 Green Steel との 2 億 5,000 万ユーロを超える取引を通じて CO2 フットプリントを削減します

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る