英国、洋上再生可能エネルギー協力に関する協定に調印

英国、洋上再生可能エネルギー協力に関する協定に調印

12月18日、英国のグレアム・スチュアート エネルギー・気候相は、EUおよび北海の国々との再生可能エネルギー協力に関する画期的な協定に署名した。

北洋エネルギー協力(NSEC)フォーラムとの覚書は、英国-EU貿易協力協定(TCA)の公約を実現するもので、英国がNSECメンバーと協力して、北洋における再生可能エネルギープロジェクト、特に電力相互接続と風力発電所を結ぶプロジェクトを開発できるようにするものである。参加国は、ベルギー、デンマーク、フランス、ドイツ、アイルランド、ルクセンブルク、オランダ、スウェーデン、ノルウェー、欧州委員会であり、英国とEUの協力関係が新たな段階に入ったことを示す。

本MoUは、英国とNSECの今後の協力条件を定め、北海の洋上送電網を含む洋上再生可能エネルギーの開発において、より緊密な協力を可能にするものである。

本取り組みは、2030年までに洋上風力を5倍の5,000万kWに拡大し、現在の840万kWから1,800万kWの電力相互接続を実現するという英国の野心的な目標を支援することが期待されている。

英国は現在、フランス、ベルギー、オランダといった近隣諸国とケーブルで電力を送受信している。本合意により、さらなる相互接続が促進される。

National Grid Electricity System Operatorの分析によると、洋上風力発電所とうまく連携した送電網は、消費者に最大で約30億ポンド(約4,702億円)の節約をもたらすことができるという。

【参照ページ】
UK signs agreement on offshore renewable energy cooperation

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る