トヨタ自動車、ロシアからの撤退を発表

トヨタ自動車、ロシアからの撤回を発表

9月23日、トヨタ自動車はロシアでの生産拠点としているロシアトヨタのサンクトペテルブルク工場での生産活動を終了し、ロシアから撤退することを発表した。同工場は今年3月から部品調達ができなくなっており、操業を停止中であった。

同社では操業停止以降、首都モスクワの拠点を含めて現地の従業員約2,300人に賃金を支払い続けていた。トヨタとしては、ロシア当局側に現地従業員の雇用維持の観点などからロシアでの工場操業を続けたい意向を示しつつも、民間企業として難しい立場にあることを訴えていたという。

さらに、9月25日にはマツダもロシアでの生産を終了する方針であることが報じられた。現地の生産合弁先企業のソラーズと協議に入ったという。日産自動車は、サンクトペテルブルク工場の稼働停止期間を当初の9月末から12月末まで延期した。また、いすゞ自動車なども撤退を検討し始めているという。

【参照ページ】
トヨタ、ロシアでの生産事業を終了

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る