ウォーターシェッド、大量のデータ管理など、CSRDサステナビリティ・レポーティング・ソリューションを発表

ウォーターシェッド、CSRDサステナビリティ・レポーティング・ソリューションを発表

4月9日、気候ソリューション・ソフトウェア・プロバイダーのウォーターシェッド(Watershed)は、EUの新しいCSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive)に基づく情報開示のためのデータ収集・管理を支援することを目的とした新しいソフトウェア・ソリューション「Watershed for CSRD」を発表した。

CSRDは、2024年初頭から一部の企業に適用が開始され、サステナビリティの情報開示が求められる企業数を現在の約12,000社から50,000社以上に大幅に拡大し、環境、人権、社会基準、サステナビリティ関連のリスクに対する企業の影響について、より詳細な報告要件を導入する。やがて、CSRDはEU域内で事業を展開するEU域外の多くの大企業にも適用されることになる。

ウォーターシェッドによると、この新しいソリューションにより、企業はCSRDで要求されるESGデータ一式(1,100以上のデータポイント)を収集、計算、管理することができる。新ソリューションの主な特徴としては、サステナビリティ、財務、コンプライアンス、監査、IT、サプライチェーンの各チーム間のコラボレーションを合理化することを目的としたガイド付きワークフローやプロジェクト管理ツール、データのギャップや不正確さを特定し、CSRD基準に対する進捗状況を追跡するための自動レポート作成機能などがある。Watershedのプラットフォームには、データガバナンスツールも含まれており、外部監査人へのアクセス許可も可能である。

2019年に発表されたウォーターシェッドのプラットフォームには、きめ細かな排出量測定のための気候データベース、持続可能性報告やサプライチェーン・エンゲージメントのための専用ソフトウェアツール、炭素除去・クリーン電力マーケットプレイスが含まれている。新ソリューションの立ち上げは、ウォーターシェッドが今年初めに実施した1億ドル(約152億円)の増資に続くもので、新たな資金調達は、排出量測定、持続可能性報告、脱炭素ソリューションへの同社の拡大と投資を支援することを目的としている。

【参考ページ】
(原文)Watershed Launches Dedicated Software for CSRD Reporting
(日本語参考訳)ウォーターシェッド、CSRD報告専用ソフトを発表

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る