ウェストバージニア州、ESG方針を巡りHSBCとシティの銀行契約を禁止

ウェストバージニア州、ESG方針を巡りHSBCとシティの銀行契約を禁止

4月9日、ウェストバージニア州のライリー・ムーア財務相は、HSBC、シティ、ノーザン・トラスト、TDバンクを含む複数の銀行が、化石燃料企業の「ボイコット」に関与していると判断された金融機関のリストに追加され、同州への銀行サービスの提供が禁止されたと発表した。

ウェストバージニア州は昨年、「ESGの動きから個人を守る」ことを目的とした複数州の同盟に参加し、州および地方レベルでのすべての投資決定におけるESGの使用を阻止し、州のファンドマネージャーが州のために投資する際にESG要素を考慮することを禁止するなどの行動をとっている。

今回の発表で、この4行はブラックロック、ゴールドマン・サックス、JPモルガン・チェース、モルガン・スタンレー、ウェルズ・ファーゴを含む他の金融機関のリストに加わった。このリストは2022年に州議会で可決されたもので、合理的な事業目的なしに石炭、石油、天然ガス会社との事業活動を拒否、終了、制限していると判断された金融サービス会社が含まれている。リストに掲載された銀行は、州の銀行業務の契約資格から除外される可能性がある。

州の出納局の発表によると、この決定は銀行のESG方針などに基づいて行われた。

また、財務局によると、新たにリストに加わった銀行は、2月にリスト入りの可能性を通知された6行のうちの1行で、”化石燃料企業のボイコットを行っていない “ことを証明する情報を提供するよう30日間の猶予が与えられた。なお、BMOとフィフスサード銀行も通知を受けたが、最終的にはリストに加えられなかった。

この発表を受けて発表された声明の中で、シティ銀行は「財務長官の決定に失望した」と述べ、この指定に同意しなかった。

【参考ページ】
(原文)West Virginia Bars Citi, HSBC From Bank Contracts Over Oil (2)

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る