ミュンヘン再保険のMEAG、持続可能な林業基金に約310億円超を調達

ミュンヘン再保険のMEAG、持続可能な林業基金に約310億円超を調達

2月29日、ミュンヘン再保険グループの資産運用会社MEAGは、MEAG持続可能な林業エクイティ・ファンドの第1回クロージングで2億700万ドル(約310億円)の資本コミットメントを調達したと発表した。

2022年に発足した第9条ファンドは、国連SDGsのいくつかの目標に貢献することに加え、EU分類法の定義に沿った生態学的に持続可能な森林経営に投資する。

同ファンドの最初の投資は2024年前半に予定されており、米国、ニュージーランド、オーストラリアの森林地帯に焦点を当て、資産総額の5%を新たな植林に投資する。

MEAGによれば、林業投資は、他の投資クラスとの相関性が低いという利点に加え、持続可能な建設や資材を求める傾向に後押しされ木材需要が世界的に高まっているため、長期的な価値成長の可能性がある。さらに同社は、森林が生物多様性と炭素隔離を促進し、雇用とレクリエーション空間を提供することで、機関投資家が環境的・社会的側面を投資に組み入れることができると付け加えた。

最初のクローズに対する資本コミットメントは、ドイツの保険会社およびDAX上場企業グループの年金制度から寄せられた。MEAGはファンドの目標資金量を5億~7億ドル(約749億~1,049億円)に設定した。

【参照ページ】
(原文)Munich Re arm goes big for forestry fund
(日本語参考訳)ミュンヘン再保険部門、林業ファンドに大型出資

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る