BASFとIRRI、水稲からの温室効果ガス削減に向け共同研究「OPTIMA Rice」開始

1月31日、 BASF(ドイツ)と国際稲研究所(IRRI)は、水稲からのメタン等の温室効果ガス削減に向けた共同研究「OPTIMA Rice」を開始したと発表した。本共同研究は、両者の研究センターがあるフィリピン・ラグナ州で実施される。

世界の水稲生産は、農業セクターからの温室効果ガスの約10%を占めており、BASFは2030年までに作物1トン当たりの温室効果ガスを30%削減することを目標として掲げている。今回の共同研究は、その一環として行われる。

BASFとIRRIは、直播イネ品種、窒素安定剤、養分・残渣管理、農家に合わせた新たな化学、交互湿潤乾燥管理(AWD)などの節水技術など、スマート農業化を模索する。また、IRRIは温室効果ガス推計アルゴリズムを含む生態生理学モデル「ORYZA」の改良にも着手する。BASFは、同社ツール「AgBalance」で排出原単位を推定する他、IRRIとの協働で自社製品の実証、農業と温室効果ガス排出量データの取得を進める。

また、BASFのコーディング事業部門は1月30日、業界団体、損害保険会社、修理事業者、自動車メーカー、リース事業者との協議を進め、自動車塗装での統一サステナビリティ基準を策定すると発表した。この基準では、事故車修理での排出量削減を目指し、生態系、経済、社会問題の各分野から定量的・定性的基準を策定する。同時に、BASFコーティングスのデジタル・ビジネス・ソリューション「Body Shop BOOST」の一環として、スイスとオーストリアで基準の実証が行われる。

さらにBASFは、グリーン水素と二酸化炭素からのeメタノール製造を強化する。1月29日には、中国バッテリー大手の遠景能源(エンビジョン)との協働も発表された。BASFは同社の新たな触媒技術「SYNSPIRETM」を提供し、遠景能源のエネルギー管理システムと統合して、グリーン水素と二酸化炭素からのeメタノール製造を行う。2024年には、中国・モンゴル自治区南部の赤峰市にある遠景能源の工場で、プロセス設計の実証も実施される予定である。

【参照ページ】
(原文)BASF and IRRI join forces to reduce carbon footprint of rice

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る