CDP、世界2,100社以上に1.5℃の排出削減目標を設定するよう要請

11月1日、世界の環境情報開示システムを運営する世界的非営利団体CDPは、高排出企業を対象とした年次科学的根拠に基づく目標(SBT)キャンペーンを開始した。

本キャンペーンは、307の金融機関(FIs)と60の多国籍企業(MNC)によって支えられており、合計33兆ドル(約4,900兆円)の資産と支出力を持つ。CDPは、これらの組織の市場力を活用し、2,100社以上の高排出企業に、最新の科学に沿った1.5℃の排出削減目標を設定するよう働きかけている。

フェデックス、ゼネラル・エレクトリック、ダウ・ケミカル、エスコム、日本製鉄、リオ・ティント、JD.comは、対象となる高排出企業の一部であり、スコープ1と2のCO2e排出量を合計すると8.3ギガトンに達する。これは米国、日本、英国を合わせた年間排出量に相当する。対象企業は合計でMSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(ACWI)の32%を占め、時価総額は約28兆米ドル(約4,200兆円)に達する。

キャンペーンを支援する金融機関の数は、2020年のキャンペーン開始以来2倍以上に増加し、多国籍企業の数は昨年から33%増加した。同キャンペーンの成果では、2020年以降に470社以上をSBTiに参加させるのに役立っており、2022年だけでも99社が参加した。

しかし、現在SBTiに参加している企業は、時価総額で世界経済の34%を占めるに過ぎない。この課題を鑑み、CDPはキャンペーンの第4サイクルにおいて、対象となる影響力の大きい企業の数をほぼ2倍に増やした。

【参照ページ】
(原文)367 financial institutions and multinational companies worth $33 trillion join forces to demand science-based targets in race to 1.5°C
(日本語参考訳)CDP、世界2,100社以上に1.5℃の排出削減目標を設定するよう要請

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る