EU理事会、新たな欧州グリーンボンド基準を採択

EU理事会、新たな欧州グリーンボンド基準を採択

10月24日、EU理事会は、新たな「欧州グリーンボンド基準」(European Green Bonds Standard)を制定する規則を採択したと発表した。これは、グリーンウォッシングを撲滅し、EUにおける持続可能な金融市場の発展に寄与することを目的とした、新たな「欧州グリーンボンド(EuGB)」ラベルの制定に向けた最後の大きな一歩となる。

新規則では、EuGBラベルの使用を希望する発行体に対する要件を定めるほか、EU域内で発行されるその他の環境的に持続可能な債券や持続可能性に関連する債券に対する自主的な情報開示ガイドラインも含まれている。

グリーンボンドの発行量は、企業や政府が環境維持・移行イニシアティブの資金調達にグリーンボンドを利用するケースが増えたため、ここ数年で急増している。ムーディーズ・インベスターズ・サービスによると、昨年は発行市場全体が後退する中で発行額が伸び悩んだものの、今年上半期には発行額が回復し、過去最高を記録した。

欧州委員会は2021年7月、グリーンボンドの「ゴールドスタンダード」を確立することを目的としたEuGB規制案を発表し、より持続可能な金融システムを促進し、EUおよび世界の気候変動目標を推進するために必要な投資を促進することを目的とした一連のイニシアティブの一部を形成した。

EU理事会は2022年4月にEuGB案を承認したが、EU議会は独自の立場で、グリーンボンド市場全体をカバーし、新規制の範囲を大幅に拡大することを目的とした一連の修正案を提案した。今年初め、EU理事会とEU議会は新規制について合意に達し、EuGB基準を自主的なものとして確立する一方、サステナビリティ・リンク・ボンドやEuGB指定を受けて発行されないグリーンボンドについても自主的な枠組みを盛り込んだ。

最終化された規則では、EuGBの新指定の下で発行される金融商品から得られる資金はすべて、EUのタクソノミーに沿った経済活動に投資する必要がある。規則には、タクソノミーの要件に準拠しつつも、まだタクソノミーの基準が確立されていないセクターの経済活動に15%を投資することを可能にする柔軟性ポケットが含まれており、発行者はこれらの資金がどこに配分されるかを明確に説明しなければならない。

投資ルールに加え、EuGB指定の債券を発行する企業は、債券からの資金がどのように使用されるかの開示、グリーン移行計画へのコミットメント、投資がこれらの計画にどのように貢献するかの報告など、厳格な透明性基準に従うことが求められる。

新規則はまた、欧州グリーンボンドの外部審査員に対して、潜在的な利益相反を特定し、対処し、開示することを義務付けるなど、新たな登録制度と監督枠組みを確立する。

理事会の承認は、今月初めにEU議会が新規則を採択したことに続くものである。この2つの節目を通過したことで、同規則はEU官報に署名・掲載され、20日後に発効、発効から12ヵ月後に適用される。

【参照ページ】
European Green Bonds: Council adopts new regulation to promote sustainable finance

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2024-2-21

    マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2月14日、マイクロソフトと二酸化炭素除去(CDR)ソリューション・プロバイダーのNeustark…
  2. クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2024-2-21

    クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2月13日、気候ソリューション企業のRimereは、再生可能天然ガス(RNG)プロバイダーのCle…
  3. KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2024-2-21

    KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2月13日、プロフェッショナル・サービス会社であるKPMG USが発表した新しい調査結果によると、…

アーカイブ

ページ上部へ戻る