イージージェットとエアバス、DAC炭素回収技術でフライト排出量を相殺する契約を締結

10月9日、航空宇宙大手のエアバスは、イージージェットがエアバス・カーボン・キャプチャー・オファーの炭素除去イニシアティブに参加する世界初の航空会社となり、航空会社の脱炭素化目標の達成を支援するため、直接大気炭素回収・貯留(DAC)を活用すると発表した。

航空業界は、2022年に世界のエネルギー関連CO2排出量の3%近くを占め、排出量はパンデミック前に10億トンを超過。パンデミック後の旅行ブームにより、2022年の排出量はパンデミック前の80%に達した。航空業界は、主に炭素回収とSAFによって、2050年までに排出量をネット・ゼロにするという目標を掲げている。

DACテクノロジーは、高出力の抽出ファンを使って、大気から直接CO2をろ過・除去する。大気から除去されたCO2は分離され、地下貯水池に貯蔵される。航空機の運航中に大気中に放出されるCO2は、発生源から直接除去することはできないが、DACを使えば、大気中から同量のCO2を抽出することが可能である。国際エネルギー機関(IEA)によれば、回収されたCO2は地下貯水池に貯蔵されるのではなく、合成航空燃料の製造に利用され、業界の排出量を削減することができるという。

イージージェットは2022年にネット・ゼロ・ロードマップを発表し、気候への影響に対処、2050年までにネット・ゼロ・エミッションを達成するための計画を概説した。ロードマップによると、同社は2050年までに乗客1人当たりの炭素排出量を78%削減することを目標としており、残留排出量は炭素除去技術によって大気中の炭素を物理的に除去し、地下に永久保存することで対処する。

イージージェットは当時、炭素除去技術の開発を支援する契約をエアバスと結んだことも発表。イージージェットは、検証された耐久性のある炭素除去クレジットの事前購入の可能性について交渉することを約束するエアバスとの協定に署名した最初の航空会社のひとつである。

炭素排出権はエアバスのパートナーである1PointFiveによって発行される。エアバスと1PointFiveとの契約には、4年間で納品される40万トンの炭素除去クレジットの事前購入が含まれている。1PointFiveは、エネルギー大手オクシデンタル(Oxy)の炭素回収に特化した子会社で、現在、テキサス州パーミアン盆地に世界最大規模のDAC施設を建設中、フル稼働時には年間50万トンのCO2を回収するよう設計されている。

【参照ページ】
(原文)easyJet signs up to Airbus’ pioneering carbon removal solution
(日本語参考訳)イージージェットとエアバス、DAC炭素回収技術でフライト排出量を相殺する契約を締結

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る