英国、IFRSベースのサステナビリティ開示基準を作成へ

英国、IFRSベースのサステナビリティ開示基準を作成へ

8月2日、英国政府は、企業がサステナビリティと気候変動に関連するリスクを報告するための英国サステナビリティ開示基準(SDS)を作成する計画を発表した。企業貿易省(DBT)によると、本基準は将来、サステナビリティ報告に関する法律や規制の基礎となる。

DBTによると、新基準は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(ISSB)が最近公表したサステナビリティ・気候関連報告基準に基づいている。ISSBは、2021年11月に英国で開催されたCOP26気候変動会議で発足し、サステナビリティのリスクと機会が企業の見通しに与える影響について一貫した理解を可能にするグローバルなベースラインを提供するため、IFRSサステナビリティ開示基準を開発している。

IFRS基準は2023年6月に公表され、7月には、証券規制当局のための主要な国際政策フォーラムであり基準設定機関であるIOSCOが、規制当局に対し、サステナビリティ報告規制の枠組みに基準を組み込むよう呼びかけた。

DBTはその声明の中で、英国企業のサステナビリティ開示がグローバルに比較可能で、投資家にとって有用であることを保証するため、英国SDSはIFRS基準をベースとし、英国の規則は、英国固有の事項のためにどうしても必要な場合にのみ、グローバルなベースラインから逸脱することになると述べている。

DBTは、開示を求める決定は、英国政府と金融行動監督機構(FCA)が独立して行うと付け加えた。英国は2021年に大企業に対して気候関連報告を義務付ける計画を発表しており、政府はグリーンファイナンス戦略の更新の中で、大企業に対する気候変動移行計画の開示義務について協議すると述べている。

DBTの声明では、2024年7月までにIFRSのサステナビリティ開示基準を承認し、英国のSDSを作成することを検討すると述べている。

【参照ページ】
(原文)UK Sustainability Disclosure Standards
(日本語訳)英国、IFRSベースのサステナビリティ開示基準を作成へ

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る