英国、IFRSベースのサステナビリティ開示基準を作成へ

英国、IFRSベースのサステナビリティ開示基準を作成へ

8月2日、英国政府は、企業がサステナビリティと気候変動に関連するリスクを報告するための英国サステナビリティ開示基準(SDS)を作成する計画を発表した。企業貿易省(DBT)によると、本基準は将来、サステナビリティ報告に関する法律や規制の基礎となる。

DBTによると、新基準は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(ISSB)が最近公表したサステナビリティ・気候関連報告基準に基づいている。ISSBは、2021年11月に英国で開催されたCOP26気候変動会議で発足し、サステナビリティのリスクと機会が企業の見通しに与える影響について一貫した理解を可能にするグローバルなベースラインを提供するため、IFRSサステナビリティ開示基準を開発している。

IFRS基準は2023年6月に公表され、7月には、証券規制当局のための主要な国際政策フォーラムであり基準設定機関であるIOSCOが、規制当局に対し、サステナビリティ報告規制の枠組みに基準を組み込むよう呼びかけた。

DBTはその声明の中で、英国企業のサステナビリティ開示がグローバルに比較可能で、投資家にとって有用であることを保証するため、英国SDSはIFRS基準をベースとし、英国の規則は、英国固有の事項のためにどうしても必要な場合にのみ、グローバルなベースラインから逸脱することになると述べている。

DBTは、開示を求める決定は、英国政府と金融行動監督機構(FCA)が独立して行うと付け加えた。英国は2021年に大企業に対して気候関連報告を義務付ける計画を発表しており、政府はグリーンファイナンス戦略の更新の中で、大企業に対する気候変動移行計画の開示義務について協議すると述べている。

DBTの声明では、2024年7月までにIFRSのサステナビリティ開示基準を承認し、英国のSDSを作成することを検討すると述べている。

【参照ページ】
(原文)UK Sustainability Disclosure Standards
(日本語訳)英国、IFRSベースのサステナビリティ開示基準を作成へ

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る