IOC、COP26を見据え2030年までの温室効果ガス50%削減を発表

10月24日、国際オリンピック委員会(IOC)は、気候変動問題への取り組みの一環として、2030年までに直接・間接の温室効果ガスを50%削減することを発表した。

これは、ギリシャで開催中の国内オリンピック委員会連合(ANOC)の総会において、トーマス・バッハIOC会長が発表したもので、10月末に英国グラスゴーで開催される国連気候サミット(COP26)を前にしたものである。今回の決定により、IOCは、気候変動に関するパリ協定に沿って、同期間に45%の削減を設定していた前回の公約から野心度を高めた。

2030年までに50%の削減を達成するために、IOCは2024年までに30%の削減を達成するという中間目標を設定した。この約束を実現するための行動計画は、旅行、エネルギー使用、調達の分野での排出量削減に向けた取り組みを強化するために更新される。

今回のIOCの発表は、気候変動の評価に関する主要な国際機関であるIPCCによる第6次評価報告書の発表を受けたものである。IPCC報告書の最新データに基づき、この枠組みに署名したすべての団体は、地球の気温上昇を1.5℃に抑えるために、2030年までに排出量を50%削減することが求められる。


IOCによると、今後開催されるすべてのオリンピック大会は、カーボンニュートラルを約束しており、2024年のパリ大会では、2030年の期限までに気候変動に対応した最初の大会となることを目指しているという。

【参照ページ】
(原文)IOC leading the way on climate change – commits to cutting its greenhouse gas emissions by 50 percent by 2030
(日本語訳)IOC、2030年までに温室効果ガスを50%削減することを発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る