マスターカード財団とGebeya、エチオピアの次世代起業家育成に向けて協業

 

3月1日、マスターカード財団とアフリカIT人材プラットフォームGebeyaは、エチオピアの100人の起業家に対し、独自のマルチサイドギグマーケットプレイスを提供する5年間のプログラム「Mesirat」を発表した。 4,800万ドル(約64億円)の資金を投入する。

同プログラムは、観光・ホスピタリティ、農業、教育、建設、ヘルスケア、商業、製造、情報技術(IT)、専門サービス、輸送、移動消費財(FMCG)、エンターテインメントの分野でGebyaの知見を活かし、人材プラットフォームを構築する。

また、エチオピア全土で起業家、特に若い男女を対象にギグマーケットプレイスを立ち上げ、成功裏に運営するための支援も行う。200万人の若者のスキル開発や、100万人(70%が女性)の就職を支援することを目標としている。

本パートナーシップは、2030年までに1,000万人の若い男女がディーセント・ワークにアクセスできるようにするというマスターカード財団の「Young Africa Works Strategy」に沿ったもの。デジタル技術を活用してエチオピアの若者のスキルアップと雇用機会を創出するというGebyaのコミットメントを同様に物語っている。

本プログラムを成功させるためには、変革のための協力が不可欠であることを認識し、マルチセクターのアプローチを採用して実施される予定である。主要パートナーには、ACE Advisors、American College of Technology(ACT)、Shega Media & Technology、The Urban Center、Center for Accelerated Women’s Economic Empowerment(CAWEE)、Laurendeau & Associatesが名を連ねている。

【参照ページ】
(原文)The Mastercard Foundation, Gebeya Announce $48 Million Partnership to Equip Ethiopia’s Next Generation of Entrepreneurs
(日本語参考訳)The Mastercard FoundationとGebeya、エチオピアの次世代起業家育成のためのパートナーシップを発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る