エネルギー最適化企業Ndustrial、エネルギー原単位の最適化のため1,850万ドルを調達

5月14日、エネルギー最適化企業Ndustrialは、 シリーズB資金調達ラウンドでの初回決済時に1,850万ドル(約28.5億円)を調達したと発表した。 資金は、エネルギー原単位の最適化を支援するために使われる。また同社は、電化・技術企業ABBおよび韓国のエネルギー企業GS Energyと提携し、産業界にエネルギー原単位ソリューションを提供すると発表した。

NdustrialのAI搭載プラットフォームは、ほぼすべての産業から、生産とエネルギーのデータをまとめ、エネルギー強度をリアルタイムで示す。 同プラットフォームにより利用者は、生産単位あたりのエネルギー消費量を管理できる。同社は、アルゴリズムによる概算ではなく、活動に基づくスコープ3排出量データを提供する唯一の企業だという。

Ndustrialの CEO Jason Masseyは、次のように述べている。「 Ndustrialの生産認識技術により、業界のリーダーはようやくリアルタイムでデータを把握し、生産サイクルとエネルギー使用の関係を理解し​​、スコープ 3 排出量を報告して、すぐに行動を起こすことができます。ABBとGS Energy とともに、より多くの業界の企業がコストを削減し、より迅速に脱炭素化できるよう、サービス利用を拡大します。」

【参照ページ】
(原文)Ndustrial Announces $18.5M Series B First Close Led by ABB and GS Energy
(日本語参考訳)Ndustrial、ABBとGS Energy主導による1,850万ドルのシリーズBファーストクローズを発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る