ペルノ・リカール、排出削減目標がSBTiにより承認

5月16日、ワイン・スピリッツ製造会社ペルノ・リカール社は1.5℃目標に向けた中長期的な温室効果ガス排出削減目標を発表した。また、同目標はScience Based Targetsイニシアティブ(SBTi)の承認を受けている。

同目標は、 22年度を基準として、 スコープ1と2の絶対排出量を2030年度までに54%削減すること、スコープ3の絶対排出量を30.3%削減し、スコープ3以外の排出量を同期間内に25%削減すること、2025年末までに、主要商品において森林破壊を行わないことを含む。

同社は、以下の対策を通じて目標を達成すると発表した。

  • 蒸留所での再生可能エネルギーへの移行・熱回収を含む新技術の使用
  • 包装について、ボトルの軽量化・リサイクル率の向上・新素材開発・新流通モデルの開発を行う
  • 輸送負荷の最適化・電気またはバイオ燃料による輸送への切り替え・代替輸送手段の模索を行う
  • 自然生態系の回復・土壌への炭素貯留の強化を目的とした再生可能な農業を実践

【参照ページ】
(原文)Pernod Ricard’s net-zero science-based targets in line with a 1.5°C trajectory validated by the Science Based Targets initiative (SBTi)
(日本語参考訳)ペルノ・リカールの科学に基づくネットゼロ目標は、科学に基づいた目標イニシアティブ(SBTi)によって検証された1.5℃の軌道に沿っています

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-17

    カリフォルニア州、化石燃料大手5社にグリーンウォッシュ関連訴訟で修正訴状、利益返還の要求

    6月10日、サンフランシスコ - カリフォルニア州司法長官ロブ・ボンタは、世界最大の化石燃料企業5…
  2. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  3. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
ページ上部へ戻る