IOSCO、コンプライアンス・カーボン市場開発に向けた最終報告書を発表

7月17日、証券監督者国際機構(IOSCO)は、CCM(コンプライアンス・カーボン・マーケッ ト)に関する最終報告書を発表した。本報告書は、CCMの新設や既存のCCMの強化を目指すIOSCO加盟国を支援することを目的としている。

本報告書は、伝統的な金融市場と比較したCCMの特質を考察し、他国の経験に学びながら、CCMを効率的な市場とし、その健全性を確保することを目的とした提言の概要を示している。CCMは通常、CCMを構成する特定の側面を規制する様々な種類の当局によって監督されている。そのため、本提言は、CCMがそれぞれの管轄区域で設立される際に、管轄区域や規制当局がその法的権限と整合性を保ちながら必要な柔軟性を確保できるよう、関連当局に宛てる。

報告書には、プライマリー市場とセカンダリー市場の機能に関する12の提言が含まれている。プライマリー市場レベルでは、勧告はプライマリー市場の意思決定の透明性と予測可能性、およびプライマリー市場の市場構造について触れている。その際、許容量配分メカニズム、市場安定メカニズム、一次市場アクセスも対象とする。セカンダリー市場レベルでは、市場の完全性、透明性、構造に焦点を当てている。報告書はまた、適用可能なIOSCOの証券規制の目的および原則と、IOSCOの商品デリバティブの規制および監督に関する原則の一部を含む。

【参照ページ】
IOSCO publishes a final report to help its members develop sound and well-functioning compliance carbon markets.

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る