Crusoe、メタン除去データセンターの拡張などを目的とし、約640億円を調達

クリーンコンピューティング企業Crusoe、3億5千万ドル(約640億円)を調達

4月21日、クリーンコンピューティングのインフラ企業であるCrusoe Energy Systemsは、3億5000万ドル(約448億円)のシリーズCの株式募集と最大1億5500万ドル(約192億円)の信用枠を含む、5億ドル(約640億円)を超える新規資金調達を完了した。

資金調達は、気候変動技術のVC投資家であるG2 Venture Partners(G2VP)が主導し、技術、エネルギー、気候、暗号に特化した投資家が参加した。

新規資金は、Crusoe社のメタン除去データセンターの拡張と、ハイパフォーマンス・コンピューティング(HPC)のための排出量削減プラットフォームの立ち上げに使う予定だ。

今回の資金調達により、Digital Flare Mitigationは米国内外で事業を拡大し、大規模なビットコインマイニングとクラウドコンピューティングのインフラを展開可能にする。さらに、二酸化炭素を削減するエネルギー源を利用したHPCクラウドであるCrusoeCloudの立ち上げも加速する。

【参照ページ】
(原文)Crusoe Energy Systems Closes $505 Million in New Capital Led by Climate Technology Investors G2 Venture Partners, Prepares Launch of Crusoe Cloud
(日本語訳)クリーンコンピューティング企業Crusoe、3億5千万ドル(約640億円)を調達

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-24

    UNEP FI、マクロ経済モデルを用いた短期的な気候関連ショックを分析

    5月、国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)は、 英国の国立経済社会研究所(NIESR) …
  2. 2022-5-24

    中国、ILOの強制労働条約の批准を承認

    4月20日、国際労働機関(ILO)は、中華人民共和国全国人民代表大会が、1930年の強制労働条約(…
  3. 日本、20兆円の「GX経済移行債」発行を検討

    2022-5-24

    日本、20兆円の「GX経済移行債」発行を検討

    5月19日、岸田文雄首相は、日本の脱炭素化およびクリーンエネルギー移行目標を達成するための大規模な…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る