EQT、IntegrityNextに約140億円の出資を実施

EQT、IntegrityNextに約140億円の出資を実施

3月23日、プライベートエクイティおよびベンチャーキャピタル投資家のEQTグループは、同社のEQT Growthファンドがサプライチェーン持続可能性ソフトウェア新興企業のIntegrityNextに1億ユーロ(約140億円)を投資することを発表した。

共同創業者のMartin Berr-Sorokin(CEO)、Simon Jaehnig(CRO)、Nick Heine(COO)が2016年に立ち上げたIntegrityNextは、企業がより透明で持続可能なサプライチェーンを構築し、企業がサプライヤーと連携してサプライチェーンの持続性を高めることを目的に、幅広いESGテーマでソフトウェアプラットフォームを提供している。同社は、200社以上の顧客にサービスを提供し、190カ国以上の約100万社のサプライヤーを監視している。

両社によると、サプライチェーンの持続可能性ソリューションの市場は、企業のサプライチェーンにおける持続可能性の問題に対処するためのステークホルダーからの圧力の高まりに加え、数多くの新しい規制の枠組みの導入や情報開示イニシアティブによって、今後数年間は大きな成長が見込まれることから、今回の投資が実現した。

EQTは、IntegrityNextと提携し、今後の欧州規制への対応に向けた主力製品の拡充や、製品提供の加速を支える技術プラットフォームへのさらなる投資など、同社の成長をサポートすると述べている。

【参照ページ】
(原文)EQT Growth invests EUR 100 million in IntegrityNext, a sustainability software platform dedicated to making supply chains more transparent and compliant
(日本語参考訳)EQT Growth、サプライチェーンの透明性とコンプライアンスを高めるサステナビリティ・ソフトウェア・プラットフォーム「IntegrityNext」に1億ユーロを投資

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る