欧州委員会、花粉媒介者に関する行動を強化 食糧安全保障と生態系の回復

欧州委員会、花粉媒介者に関する行動を強化 食糧安全保障と生態系の回復

1月24日、欧州委員会は、欧州における野生の受粉昆虫の減少に取り組むため、2018年のEU花粉症対策を改訂した「A New Deal for Pollinators」を発表した。最近成功した欧州市民イニシアティブ「Save Bees and Farmers」でも、市民は受粉媒介者の損失に対する断固とした行動を求める声が高まっている。

本イニシアティブでは現在、EUではハチ、チョウ、ホバリングフライの3種に1種が消滅していることから、2030年までに受粉媒介者の減少を逆転させるためにEUと加盟国が取るべき行動を定めている。これは、2022年6月の欧州委員会の自然再生法の提案を補完するものであり、「生物多様性戦略2030」、「Farm to Fork戦略」、「欧州グリーン・ディール」の主要な部分である。

【関連記事】
欧州委員会、欧州グリーンディール実現に向け3つの新たな取り組みを採択
EU、グリーンディール産業計画を開始

今般の「A New Deal for Pollinators」では、2030年までの目標と、3つの優先事項の下でのアクションが設定されている。主要な優先事項は、花粉媒介者の保護を改善し、その減少の原因に対処することである。

また、本イニシアティブでは、花粉媒介者の減少の原因と結果に関する知識の向上にも重点を置く予定である。包括的なモニタリングシステムの確立、2025 年までに主要な花粉媒介動物の生息地をマッピングするなどの研究と評価の支援、能力開発と知識の普及を促進するための的を絞った活動などが含まれる。

最後の優先事項は、社会を動員し、戦略的計画と協力を推進することである。欧州委員会は、加盟国による国家花粉症対策戦略の策定を支援する。また、欧州委員会と加盟国は、市民意識の向上や市民科学を支援するなどして、市民や企業の行動を支援する。

【参照ページ】
(原文)Food security and ecosystem resilience: Commission boosts action on pollinators

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る