ドイツ銀行、上級役員の報酬をローンブックの脱炭素化目標と関連付け

ドイツ銀行、上級役員の報酬をローンブックの脱炭素化目標と関連付ける

3月15日、ドイツ銀行は、最高幹部である経営委員会メンバーに対する長期インセンティブ・プランを更新し、同グループの報酬の一部を、2024年から初めて、同行の法人融資ポートフォリオの脱炭素化に連動させることを発表した。

ドイツ銀行のインセンティブ・プランの変更は、同行の年次報告書および非財務報告書の発表と同時に発表された。

ドイツ銀行は2020年に初めて、ESGとサステナブル・ファイナンスの要素を経営陣の報酬プランに導入することを発表した。新しい年次報告書によると、ESG要素は現在、経営陣の報酬のうち長期報奨部分の3分の1を占めている。同アニュアルレポートはまた、ドイツ銀行トップの変動報酬の長期的な構成について、財務およびESGの目標を、過去1年間の業績に対して測定する従来のアプローチと比較して、3年間の将来を見据えたものとし、主要業績評価指標(KPI)の目標をより野心的に設定することを目指すという、新たな仕組みを強調している。

ドイツ銀行の経営陣に対する新しい長期インセンティブ・プログラムでは、ESG報酬項目の環境KPIは、公表されたネット・ゼロへの道筋に沿って、開示された炭素集約型セクターに対する当行の融資による排出削減目標に全面的に焦点を当てる。その他のESG関連KPIには、ジェンダーの多様性に関する目標、コントロール・リスク管理、アンチ・マネー・ロンダリング、ノウ・ユア・クライアント活動を含むガバナンス要因が含まれる。

ドイツ銀行は、石油・ガス、発電、自動車、鉄鋼を含む7つの炭素集約型セクターと、2023年10月に発表された同行の初期移行計画の発表に伴い、石炭採掘、セメント、海運を含む新たなセクターについて、融資による排出削減目標を設定した。

全体として、同行の目標は現在、融資による排出量の54%に相当するセクターをカバーしており、同行は、今年中に少なくともあと2つのセクターについてネット・ゼロ目標を公表する予定であると述べている。

ドイツ銀行の非財務報告書には、2020年から2025年の間に持続可能な資金調達と投資で5,000億ユーロ(約82兆円)を達成するという目標に向けた同行の進捗状況の詳細も含まれている。報告書によると、ドイツ銀行は2023年末時点で、累計融資額1,190億ユーロ(19兆円)、資本市場での発行額1,440億ユーロ(約23兆円)、運用資産額460億ユーロ(約7兆円)を含む2,790億ユーロ(約45兆円)の目標達成を達成した。さらに同行は、資産運用部門であるDWSのESG運用資産が2023年に1,330億ユーロ(約21兆円)に達することを明らかにした。

ドイツ銀行のクリスチャン・ソーイング最高経営責任者(CEO)は、非財務報告書に掲載された「最高経営責任者からの手紙」の中で、不透明な市場環境によりサステナブル・ファイナンスとESG投資額が最近減速しているにもかかわらず、当行は引き続き5,000億ユーロ(約82億円)の目標に向けて取り組んでいると述べた。

【参照ページ】
(原文)Deutsche Bank Links Management Pay to Decarbonization Goals in Sustainability Push: Deutsche Bank’s 2023 Report
(日本語参考訳)ドイツ銀行、サステナビリティの推進で経営陣の給与と脱炭素化目標を関連付ける ドイツ銀行の2023年レポート

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る