EQT、バッテリー・ストレージ・プラットフォームStateraを買収

EQT、バッテリー・ストレージ・プラットフォームStateraを買収

11月6日、プライベートエクイティおよびベンチャーキャピタル投資家のEQTグループは、EQTインフラストラクチャーが英国を拠点とする蓄電池およびフレキシブル発電インフラ開発・運営会社のStatera EnergyをInfraRed Capital Partnersから買収することで合意したと発表した。

2015年に設立されたロンドンを拠点とするStateraは、大規模なエネルギー貯蔵とフレキシブル発電、資産、揚水発電とグリーン水素プロジェクトを開発、所有、運営している。稼働中または建設中の資産は約1GWで、これは約75万世帯分の電力に相当する。2030年までに7.5GWの柔軟性資産を供給する計画で、合計16GW以上のパイプラインがある。

エネルギー貯蔵とフレキシブル発電ソリューションは、エネルギー転換の重要な投資分野として浮上しており、急速に拡大するクリーン・エネルギー転換の主要なビルディング・ブロックの一部を形成している。これは、風力や太陽光など多くの再生可能エネルギー源の発電が断続的であり、24時間体制でエネルギー需要を満たしながら、エネルギーを無駄にしないようにする必要があるためである。Stateraの資産は、英国でグリッド・バランシング・サポートを提供し、再生可能エネルギー主導の電力システムへの移行を可能にし、システムの脱炭素化を支援している。

EQTは、同社のインフラストラクチャー・プラットフォームが、Stateraが現在進めている蓄電池やその他のフレキシブル・エネルギー・プロジェクトの開発にさらに投資することを約束し、英国全土でフレキシブル発電の展開を加速させるための成長資本へのアクセスを提供すると述べた。

【参照ページ】
(原文)EQT Infrastructure to acquire Statera, a leading battery storage and flexible generation platform supporting the UK’s renewable energy transition
(日本語参考訳)EQTインフラストラクチャー社、英国の再生可能エネルギー移行を支えるバッテリー・ストレージとフレキシブル発電プラットフォームのリーディング企業Statera社を買収へ

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る