Oracle、新しいサステナビリティ・データ追跡・報告ソリューションを発表

オラクル、新しいサステナビリティ・データ追跡・報告ソリューションを発表

3月14日、クラウドに特化したインフラとソフトウェアのプロバイダーであるOracleは、組織がサステナビリティ・イニシアティブを測定、管理、追跡し、サステナビリティ関連の新しい報告基準に準拠することを支援することを目的とした新しいソリューション、Oracle Cloud EPM for Sustainabilityの発売を発表した。

Oracleによると、新ソリューションの発売は、一般的に複数の異なる拠点や事業部門、サプライヤーやビジネスパートナーから入手する環境データを管理する必要性に組織が対処するのを支援するものである。多くの企業では依然としてこれらの情報をスプレッドシートで手作業で統合しているため分析に時間がかかり、非効率でエラーが発生しやすい状況になっているという。Oracleによると、Oracle Fusion Cloud Enterprise Performance Management(EPM)プラットフォームの一部を構成するこの新しいソリューションは、データの追跡と共有にオラクルのワークフローシステムとツールを使用し、さらにAIと機械学習によって、より効率的にデータを記録、追跡し、そこから洞察を得ることができるという。

新ソリューションの主な機能と特徴には、IFRS、ESRS(CSRD)、GRI基準に基づくアカウント構造による異種ソースからのデータ収集、サステナビリティ・イニシアティブのリスクと機会の理解を強化するシナリオ・モデリング機能の組み込みなどがある。これは AIを活用した洞察、異常や差異に関する自動アラート、フィルタリング、ソート、可視化のためのセルフサービス機能、目的に応じたダッシュボードと自動分析、予測の作成と検証、将来のパフォーマンスを予測するための予測プランニング機能、関連する報告基準とデータを整合させ、主要な利害関係者のためのレポートを作成する機能。

【参照ページ】
(原文)Oracle Helps Organizations Effectively Manage Sustainability Initiatives
(日本語参考訳)オラクル、サステナビリティへの取り組みを効果的に管理する組織を支援

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る