WEF、不動産部門で、2030年までにCO2を50%削減のイニシアティブ発足

1月16日、世界経済フォーラム(WEF)は、2030年までに建物関連の排出量を50%削減し、2050年までのカーボンニュートラルを達成するというCEO加盟イニシアティブを創設を発表した。

WEFによると、エネルギー関連の温室効果ガス排出量のうち、不動産の排出量は40%近くを占めるが、脱炭素化戦略において見過ごされがちであるため、これは地球温暖化対策にとって大きな一歩となるという。

この公約は、スイスのダボスで始まる第53回世界経済フォーラム年次総会を数日後に控えて発表された。

この誓約に参加した企業は以下の通り。

  • Avison Young:トロントに拠点を置くグローバルな商業不動産サービス企業
  • Edge:持続可能なビルディングの世界的なデベロッパー
  • GPFI Group:ナイジェリアの不動産会社
  • Ivanhoé Cambridge:カナダの不動産管理会社
  • JLL:グローバル商業不動産サービス会社
  • Majid Al Futtaim Properties:ドバイの不動産管理サービスプロバイダー
  • Schneider Electric:フランスのデジタルオートメーション・エネルギー管理多国籍企業
  • Signify:オランダの多国籍照明企業

これらの企業は、JLL、世界グリーンビルディング協会、フォーラムの不動産コミュニティと共同で開発し、昨年発表したWEFのグリーンビルディング原則に基づき、ネット・ゼロビルディング戦略を策定する予定である。

グリーンビルディングとは、周辺環境を乱さず、生態系の質を向上させる住宅や商業施設の建築物のことだ。これらの物件を作る際に使用される材料や技術は、二酸化炭素排出量を減らすのに役立つ。

WEFの行動計画は、最新年度のポートフォリオのカーボンフットプリントの計算と目標設定とは別に、新規プロジェクトの具体的な炭素量を測定し、今後の開発において排出削減を最大化するよう企業に奨励した。

また、既存施設と新規開発の両方でエネルギーの最適化を推進し、敷地内の再生可能エネルギーの供給を最大化し、敷地外のエネルギーを100%再生可能エネルギー源から調達することも提言している。

今年のダボス会議のテーマは、「分断された世界における協力」だ。気候変動や紛争などの世界的な問題が交錯する中で、エネルギー・食糧危機、高インフレ、産業の逆風、社会の脆弱性、地政学的リスクなどに焦点を当てる予定である。

【参照ページ】
(原文)Net-Zero Buildings: Global CEOs Pledge 50% Cut in Real Estate Emissions by 2030
(日本語参考訳)ネット・ゼロ・ビルディング。世界のCEOが2030年までに不動産の排出量を50%削減することを約束

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る