Solvay、バイオサーキュラーシリカを欧州で発売

1月17日、 Solvayは、イタリアのリヴォルノ拠点に投資し、もみ殻灰から得られるバイオベースのケイ酸ナトリウムを使用したバイオサーキューラー型高分散性シリカ(HDS)の最初のユニットを立ち上げる予定だと発表した。この新しい画期的なシリケートプロセスは、地域のバリューチェーンにおいてもみ殻に第二の人生を与えるため、循環型ソリューションを提供する。工場での再生可能エネルギーの統合と相まって、Solvayはシリカ1トンあたり50%のCO2削減を達成することができる。これにより、リヴォルノの工場は、CO2排出量の点でヨーロッパで最も優れたシリカ製造工場となる。

当社グループは、既存のZeosil®ポートフォリオを順次サーキュラーHDSに置き換え、持続可能な原材料の使用量増加とタイヤ業界のCO2排出量削減の両方に貢献する、タイヤ向けのサーキュラーソリューションを提供する。この新世代の沈殿シリカは、ホーム&パーソナルケアおよび飼料・食品業界のニーズにも対応するものである。

高分散性シリカの世界的なイノベーションリーダーである Solvayは、ヨーロッパの拠点で具体的な時間枠の中で循環型HDSの生産を約束した最初の企業であり、現在、市場投入に必要なエコシステムの構築に注力しているところだ。これには、バリューチェーン全体のステークホルダーとの協力が必要であり、コンチネンタルはこの旅路における重要なパートナーとなっている。この競争力のあるもみ殻灰(RHA)独自のプロセスを欧州で実施することで、同社は農業用原料のばらつきを平準化し、一貫した製品品質を確保することができる。

Solvayはまた、今後数年の間に北米に新工場を建設し、HDSの生産能力を拡大する計画を持っており、これにより同地域におけるグループの足跡が大幅に増えることになる。この新しい施設は、循環型原料用に設計され、当社のカーボンニュートラルロードマップに沿ったものとなる。また、アジアと南米でもサーキュラーHDSのプロジェクトを検討している。

【参照ページ】
(原文)Solvay launches bio-circular silica in Europe, with expansion plans in North America
(日本語参考訳)ソルベイ社、バイオサーキュラーシリカを欧州で発売、北米でも拡大計画

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る