Solvay、バイオサーキュラーシリカを欧州で発売

1月17日、 Solvayは、イタリアのリヴォルノ拠点に投資し、もみ殻灰から得られるバイオベースのケイ酸ナトリウムを使用したバイオサーキューラー型高分散性シリカ(HDS)の最初のユニットを立ち上げる予定だと発表した。この新しい画期的なシリケートプロセスは、地域のバリューチェーンにおいてもみ殻に第二の人生を与えるため、循環型ソリューションを提供する。工場での再生可能エネルギーの統合と相まって、Solvayはシリカ1トンあたり50%のCO2削減を達成することができる。これにより、リヴォルノの工場は、CO2排出量の点でヨーロッパで最も優れたシリカ製造工場となる。

当社グループは、既存のZeosil®ポートフォリオを順次サーキュラーHDSに置き換え、持続可能な原材料の使用量増加とタイヤ業界のCO2排出量削減の両方に貢献する、タイヤ向けのサーキュラーソリューションを提供する。この新世代の沈殿シリカは、ホーム&パーソナルケアおよび飼料・食品業界のニーズにも対応するものである。

高分散性シリカの世界的なイノベーションリーダーである Solvayは、ヨーロッパの拠点で具体的な時間枠の中で循環型HDSの生産を約束した最初の企業であり、現在、市場投入に必要なエコシステムの構築に注力しているところだ。これには、バリューチェーン全体のステークホルダーとの協力が必要であり、コンチネンタルはこの旅路における重要なパートナーとなっている。この競争力のあるもみ殻灰(RHA)独自のプロセスを欧州で実施することで、同社は農業用原料のばらつきを平準化し、一貫した製品品質を確保することができる。

Solvayはまた、今後数年の間に北米に新工場を建設し、HDSの生産能力を拡大する計画を持っており、これにより同地域におけるグループの足跡が大幅に増えることになる。この新しい施設は、循環型原料用に設計され、当社のカーボンニュートラルロードマップに沿ったものとなる。また、アジアと南米でもサーキュラーHDSのプロジェクトを検討している。

【参照ページ】
(原文)Solvay launches bio-circular silica in Europe, with expansion plans in North America
(日本語参考訳)ソルベイ社、バイオサーキュラーシリカを欧州で発売、北米でも拡大計画

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る