ロレアル、カナダで製品に影響を与えるラベルを展開

ロレアル、カナダで製品に影響を与えるラベルを展開

3月30日、美容企業であるロレアルは、製品の環境および社会的影響に関する情報を消費者に提供する「プロダクト・インパクト・ラベリング」システムをカナダで導入することを発表した。

ロレアル・カナダによるインパクト・ラベリング・システムの導入は、同社が発表したカナダ人1,500人を対象とした調査結果と同時に発表された。調査によると、80%が持続可能な選択をしたいと考え、消費者の3分の2以上(69%)が企業が製品の環境影響について情報を提供することを期待していた。

2020年にフランスで初めて導入された「製品インパクト・ラベリング」は、原材料の調達から包装の廃棄までの製品ライフサイクルにおいて、温室効果ガスの排出量や水不足、海洋酸性化、生物多様性への影響など14の惑星影響要因を調査し、製品はA(クラス最高)からEまでのスコアを付けられ、米国では2022年12月に導入された。

本ラベリングシステムでは、労働基準に関する国連の基本原則の遵守や、社会的包摂にコミットした製品に貢献するサプライヤーの数など、社会的影響に関する情報も提供される。

同社によると、カナダでは、同社のガルニエ、ラロッシュポゼ、ビオテルムの各ブランドが「プロダクト・インパクト・ラベリングシステム」をいち早く導入した。今月からウェブサイトで情報を公開し、QRコードを通じて製品に徐々に表示していく予定で、今後はロレアルカナダブランド全体に順次展開していく。

【参照ページ】
(原文)To Empower Consumers In Their Purchasing Decisions L’Oréal Canada Launches Product Impact Labeling System
(日本語参考訳)ロレアル、カナダで製品に影響を与えるラベルを展開

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る