Google、米国で15年間の再生可能エネルギー購入契約に調印

 

4月3日、GoogleはエネルギープロバイダーであるØrstedと、テキサス州にあるHelena Wind Farmから発電された再生可能エネルギーについて、15年150MWの電力購入契約(PPA)を締結したことを発表した。本契約は、GoogleとØrstedの米国における最初の契約であり、世界的には、ドイツにおける2021年の洋上風力発電契約に続く2つ目の契約となる。

2022年に運転を開始した268MWの風力発電所は、テキサス州ビー郡にあるØrsted社の518MWのヘレナエネルギーセンターの一部を構成し、15,000エーカーの土地に66台のタービンを設置し、推定9万世帯分の電力に相当するエネルギーを提供している。

両社によると、本契約は、2030年までにすべてのデータセンター、クラウド地域、オフィスを24時間365日カーボンフリーエネルギー(CFE)で運用するというGoogleの公約に貢献することになる。Googleの親会社であるAlphabetは、2020年に24/7 CFEの野望を発表し、2030年までに事業全体をカーボンフリー・エネルギーで運営することを目標としている。

24時間365日CFEで運営するということは、同社が事業を展開するすべての地域において、毎日毎時、電力需要とCFEの供給量を一致させることを意味する。先月、Googleは、再生可能エネルギー取引インフラを提供するLevelTen Energyとの協業により、PPAのための迅速かつ容易なRFPプロセスを提供し、交渉と取引の実行にかかる時間を約80%短縮することを発表した。

(関連記事)GoogleとLevelTen、クリーンエネルギー購入案件を80%加速するプロセスを試験的に導入

【参照ページ】
(原文)Ørsted and Google sign first power purchase agreement in the US
(日本語訳)Google、米国で15年間の再生可能エネルギー購入契約に調印

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2024-2-21

    マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2月14日、マイクロソフトと二酸化炭素除去(CDR)ソリューション・プロバイダーのNeustark…
  2. クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2024-2-21

    クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2月13日、気候ソリューション企業のRimereは、再生可能天然ガス(RNG)プロバイダーのCle…
  3. KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2024-2-21

    KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2月13日、プロフェッショナル・サービス会社であるKPMG USが発表した新しい調査結果によると、…

アーカイブ

ページ上部へ戻る