ABN AMRO、融資と投資のポートフォリオをネット・ゼロに整合

ABN AMRO、融資と投資のポートフォリオをネット・ゼロに整合させる

12月16日、オランダに本拠を置く銀行、ABN AMROは、地球温暖化を1.5℃に抑えるシナリオに沿ったポートフォリオを構築し、2050年までにネット・ゼロ経済への移行を支援するための行動計画を定めた、気候戦略の発表を行った。

気候戦略の発表と同時に、ABN AMROはネット・ゼロバンキングアライアンス(NBZA)に参加することを発表した。

NZBAは2021年4月に発足し、銀行グループが2050年またはそれ以前に、ポートフォリオからの業務上および帰属上の排出量をネット・ゼロへの道筋と一致させることを約束したものである。この取り組みは急速に拡大し、現在、世界の銀行資産の約40%を占めている。

NZBAの署名機関は、長期的なネット・ゼロ目標にポートフォリオを合わせることに加え、2030年またはそれ以前に中間目標を設定することも約束している。ABNAMROの気候変動戦略には、石油・ガス、発電、海運、商業不動産、住宅ローンなどのセクターに対する2030年目標が含まれている。

ABN AMROは、2030年までにフットプリントを削減し、事業活動においてネット・ゼロ目標を達成するためのステップとともに、2025年までに自然エネルギーや水素燃料電池などの脱炭素技術、再生可能電力、炭素回収技術に対する融資コミットメントを少なくとも40億ユーロ(約5,630億円)に増やすことを目指していると述べている。

さらに2030年までに、脱炭素エネルギー経済への移行を加速させるために、総額10億ユーロ(約1,407億円)の初期段階の資本が割り当てられると見込んでいる。

【参照ページ】
(原文)ABN AMRO publishes climate strategy and joins the Net Zero Banking Alliance
(日本語参考訳)ABNアムロが気候変動戦略を発表、ネット・ゼロバンキングアライアンスに参加

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る