Svante、420億円超の資金を調達

炭素回収技術を提供するSvanteが約422億円超の資金を調達

12月15日、炭素回収・除去技術を提供するSvanteは、エネルギー大手Chevronの低炭素ソリューションに特化した事業であるChevron New Energies(CNE)が主導する取引で、3億1800万ドル(約422億円)を調達したことを発表した。

2007年に設立されたSvanteは、産業排出物からCO2を分離・除去する構造化吸着床(フィルター)とモジュール式回転接触器を提供しており、排出集約型産業が既存のインフラから大規模な排出物を回収できるようにすることを目的としている。同社のソリューションは、水素、紙パルプ、石灰、セメント、鉄鋼、アルミニウム、化学などの分野における産業の脱炭素化を対象としており、本技術はDAC(Direct Air Capture)ソリューションにも利用できる。

同社によると、今回の融資は、バンクーバーにある商業規模のフィルター製造施設を支援するもので、年間数百万トンのCO2を回収するのに十分なフィルターモジュールを製造することが期待されるとのことである。

Chevronは2014年にChevron Technology Venturesを通じてSvante に初期投資し、両社は2020年に天然ガスの後燃焼によるCO2回収のパイロットプロジェクトを立ち上げた。

Chevronは昨年、CNEを立ち上げ、2028年までに低炭素事業への投資を100億ドル(約1.3兆円)超に大幅に拡大する計画を発表している。

本取引は、DACの新興企業であるClimeworksに対する今年初めの6億5千万ドル(約862億円)の株式融資など、炭素除去技術に関する最新の大規模な資本調達となる。

本発表後、主幹事証券会社を務めたJ.P.モルガンは、今年に入ってから炭素回収企業のために10億ドル(約1,328億円)近くの未公開株資金調達の助言を行っており、過去5年間を合わせるとおよそ2倍になると指摘した。

【参照ページ】
(原文)Svante Raises US$318 Million In Series E Round, Led By Chevron New Energies
(日本語参考訳)Svante、420億円超の資金を調達

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  2. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
  3. ホワイトハウス

    2024-6-4

    バイデン政権、VCMsに関する共同声明と新原則を発表

    5月28日、バイデン政権(米国財務省)は、自主的炭素市場(VCMs)への責任ある参加のための共同声…
ページ上部へ戻る