Macquarie、再生可能エネルギー開発企業ファルクを約140億円超の融資で支援

 

10月17日、世界トップ50の資産運用会社で、世界最大のインフラストラクチャ・マネージャーであるMacquarie Asset Managementは、再生可能エネルギー開発・運営会社であるFalck Renewablesの統括会社Green Bidco SpAに対し、1億ユーロ(約146億円)の債務融資を実施したと発表した。

イタリアのミラノに拠点を置くFalckは、米国と欧州で風力、太陽光、廃棄物発電、バイオマス、エネルギー貯蔵プロジェクトなどの再生可能エネルギープラントを開発、所有、運営している。1.2GW以上の設備容量を持つ同社の現在のポートフォリオは、年間約55万トンのCO2排出を回避していると推定している。

本買収は、Macquarieが最近発表した、グリーンインフラとエネルギー転換に特化した投資プラットフォームであるGreen Investment Group(GIG)をMacquarie Asset Managementの一部として運営することを受けたもので、GIGの注力分野における機会や投資意欲が大幅に拡大していることを理由にしている。また、昨年、MAMは2040年までにネット・ゼロに沿ったポートフォリオ運用を行うことを発表している。

【参照ページ】
(原文)Macquarie Asset Management makes €100 million debt investment in renewable energy portfolio developer
(日本語訳)Macquarie、再生可能エネルギー開発企業ファルクを1億ユーロの融資で支援

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    2022-11-24

    SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    11月22日、米国証券取引委員会(SEC)は、ゴールドマン・サックスの資産運用部門が、一部のESG…
  2. スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    2022-11-24

    スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    11月23日、スイス政府の連邦評議会で新たな法律が可決され、スイスの大企業および金融機関は、気候関…
  3. 米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    2022-11-24

    米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    11月22日、米国労働省(DOL)は、民間雇用者主催の退職年金制度(ERISA)において気候・ES…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る