Macquarie、再生可能エネルギー開発企業ファルクを約140億円超の融資で支援

 

10月17日、世界トップ50の資産運用会社で、世界最大のインフラストラクチャ・マネージャーであるMacquarie Asset Managementは、再生可能エネルギー開発・運営会社であるFalck Renewablesの統括会社Green Bidco SpAに対し、1億ユーロ(約146億円)の債務融資を実施したと発表した。

イタリアのミラノに拠点を置くFalckは、米国と欧州で風力、太陽光、廃棄物発電、バイオマス、エネルギー貯蔵プロジェクトなどの再生可能エネルギープラントを開発、所有、運営している。1.2GW以上の設備容量を持つ同社の現在のポートフォリオは、年間約55万トンのCO2排出を回避していると推定している。

本買収は、Macquarieが最近発表した、グリーンインフラとエネルギー転換に特化した投資プラットフォームであるGreen Investment Group(GIG)をMacquarie Asset Managementの一部として運営することを受けたもので、GIGの注力分野における機会や投資意欲が大幅に拡大していることを理由にしている。また、昨年、MAMは2040年までにネット・ゼロに沿ったポートフォリオ運用を行うことを発表している。

【参照ページ】
(原文)Macquarie Asset Management makes €100 million debt investment in renewable energy portfolio developer
(日本語訳)Macquarie、再生可能エネルギー開発企業ファルクを1億ユーロの融資で支援

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る