Iberdrola、ミース州で初の商業規模バッテリーシステムを稼動

Iberdrola、ミース州で初の商業規模バッテリーシステムを稼動

6月30日、Iberdrola Renewablesは、2800万ユーロ(約39億円)を投じてアイルランド東部で初の商業規模の蓄電システム(Battery Energy Storage System:BESS)を稼動させた。ミース州にある50メガワットのゴーマンBESSが6年間にわたりEirGridにシステムサービスを提供し、アイルランドの電力ネットワークの安全性とサステナビリティに貢献する。

本システムは、サッカー場ほどの敷地にある16のバッテリーコンテナに分散した、4,000個以上のバッテリーモジュールで構成されており、需要と供給のバランスを取り、必要なときにグリーン電力を追加利用できるよう支援する。ゴーマン発電所プロジェクトは、 Iberdrolaにとって、世界で初めて商業規模で稼働する蓄電池であり、アイルランドで25年以上にわたって行われてきた初の自然エネルギー建設プロジェクトとなる。

Iberdrolaはドニゴール州のバーンズモア風力発電所でも3MWの小型BESSを建設中だ。バーンズモア風力発電所のリパワーリングでも建設前の活動が進んでおり、ゴーマンBESSの容量を100MWに倍増させる拡張計画も持っている。また、DPエナジーと共同の、Clarus、Shelamere、Inis Ealga Marine Energyの3つの洋上風力発電プロジェクトも進行中で、合計3GWの潜在的な発電量を持つ。これは、280万世帯以上に相当する電力を賄うことができるグリーン電力になる。

5月、 Iberdrolaはアイルランドのガス・電力小売市場からの撤退を発表した。撤退は社内で戦略的見直しを行った結果、市場の状況や価格設定が同社の計画的な成長と野心にとって障害となっていることが判明したためだ。同社は、ここ数カ月、世界的なエネルギー卸売価格の未曾有の高騰により、状況が悪化していると付け加えた。

【参照ページ】
(原文)Iberdrola launches the world’s first commercial-scale battery system in Ireland
(日本語訳)イベルドローラ、アイルランドで世界初の商業規模バッテリーシステムの販売を開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る