Nestlé、森林再生プロジェクトの透明性を高めるため、最先端の衛星技術を試験的に導入

 

4月27日、Nestléは、Airbusの新型衛星「Pléiades Neo」を試験的に導入することを発表した。同社は森林再生活動のモニタリングを行う最初の食品・飲料メーカーとなる。同社はまた、本技術から得られる非常に高解像度の画像を利用して、調達地域に植えた木が長期的に成長し続けることを確認する。

本アプローチにより、Nestléは、2050年のネット・ゼロ・エミッションの主要な柱である「グローバル森林再生プログラム」を通じて、大気から除去している炭素量を実証することが可能になる。

同社はまず、昨年から森林再生プロジェクトが行われているタイ南部のRanongとChumphonで本技術を適用する予定である。Pléiades Neo衛星は、Nestléがコーヒーを調達している農園にある15万本以上のシェードツリーを20年間にわたり監視する予定である。シェードツリーは、コーヒーの過度な日射しを防ぎ、長期的に収穫量と生産性を高めるとともに、大気中の炭素を除去する働きがある。Nestléは、この経験をもとに、この方法を世界の他の場所にも拡大するかどうかを決定する。

Nestléは、2016年からAirbusとEarthworm Starlingのソリューションを利用して、調達先付近の森林破壊のリスクを確認している。Pléiades Neoにより、Nestléはモニタリングサービスの規模を拡大し、同様のアプローチを景観の修復・再生に適用している。

【参照ページ】
(原文)Nestlé to pilot new cutting-edge satellite technology to drive transparency in its reforestation projects
(日本語訳)Nestlé、森林再生プロジェクトの透明性を高めるため、最先端の衛星技術を試験的に導入

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2024-2-21

    マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2月14日、マイクロソフトと二酸化炭素除去(CDR)ソリューション・プロバイダーのNeustark…
  2. クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2024-2-21

    クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2月13日、気候ソリューション企業のRimereは、再生可能天然ガス(RNG)プロバイダーのCle…
  3. KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2024-2-21

    KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2月13日、プロフェッショナル・サービス会社であるKPMG USが発表した新しい調査結果によると、…

アーカイブ

ページ上部へ戻る