ExxonMobil、CNOOC、Shell、中国におけるCCSプロジェクト実行可能性評価で広東省発展改革委員会と協働

6月28日、ExxonMobil、Shell、中国海洋石油総公司(CNOOC)、および地元当局は、中国広東省における世界規模の炭素回収・貯留(CCS)プロジェクトの可能性を評価することに合意した。

ExxonMobil、Shell、CNOOC、広東省発展改革委員会は、恵州市のダヤワン石油化学工業団地における温室効果ガス排出削減のためのCCSハブプロジェクトを検討する覚書に調印した。本合意により、CCSの機会を特定するための共同研究が開始される。また、両社は中国の炭素政策制度を評価し、ダヤワン石油化学工業団地でのCCSの展開を支援するための政策を検討するよう提案する予定だ。

プロジェクトの初期評価では、ダヤワンの産業部門から年間最大1000万トンのCO2を回収する可能性があり、2060年までに中国のカーボンニュートラルという野望をサポートすることが期待されている。

また、本プロジェクトは、脱炭素化を目指す最初の石油化学プロジェクトの一つとして、化学産業のモデルにもなり得る。

再生可能エネルギー技術はネット・ゼロを達成するために重要だが、CCSは実績のある一貫した技術であり、最も排出量の多い部門の排出量を減らすことを可能にする。官民が協力してCCSを活用し、産業界の排出量を削減することは、大きな可能性を秘めている。

ExxonMobilは、バイオ燃料と水素への戦略的投資も進めており、世界経済の中で脱炭素化が困難なセクターに対して、これらの低排出エネルギー技術を提供するための規模を拡大している。ExxonMobilは、世界のCCS生産能力(年間約900万トン)の約5分の1に相当する株式を保有している。

【参照ページ】
(原文)ExxonMobil, CNOOC and Shell to pursue carbon capture and storage hub in China
(日本語訳)エクソンモービル、中国海洋石油総公司、シェルが中国での炭素回収・貯留ハブを推進

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    2022-8-10

    Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    8月3日、グローバルな決済テクノロジー企業であるVisaは、アジア太平洋地域におけるVisa Ec…
  2. オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    2022-8-10

    オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    8月3日、オーストラリアの金融サービス業界の基準・政策設定機関である金融サービス協議会(FSC)は…
  3. ヒルトン、ホテルの排出量削減目標を設定

    2022-8-10

    Hilton、ホテルの排出量削減目標を設定

    7月29日、多国籍ホスピタリティ企業であるHiltonは、ホテルポートフォリオの排出量を大幅に削減…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る