ExxonMobil、CNOOC、Shell、中国におけるCCSプロジェクト実行可能性評価で広東省発展改革委員会と協働

6月28日、ExxonMobil、Shell、中国海洋石油総公司(CNOOC)、および地元当局は、中国広東省における世界規模の炭素回収・貯留(CCS)プロジェクトの可能性を評価することに合意した。

ExxonMobil、Shell、CNOOC、広東省発展改革委員会は、恵州市のダヤワン石油化学工業団地における温室効果ガス排出削減のためのCCSハブプロジェクトを検討する覚書に調印した。本合意により、CCSの機会を特定するための共同研究が開始される。また、両社は中国の炭素政策制度を評価し、ダヤワン石油化学工業団地でのCCSの展開を支援するための政策を検討するよう提案する予定だ。

プロジェクトの初期評価では、ダヤワンの産業部門から年間最大1000万トンのCO2を回収する可能性があり、2060年までに中国のカーボンニュートラルという野望をサポートすることが期待されている。

また、本プロジェクトは、脱炭素化を目指す最初の石油化学プロジェクトの一つとして、化学産業のモデルにもなり得る。

再生可能エネルギー技術はネット・ゼロを達成するために重要だが、CCSは実績のある一貫した技術であり、最も排出量の多い部門の排出量を減らすことを可能にする。官民が協力してCCSを活用し、産業界の排出量を削減することは、大きな可能性を秘めている。

ExxonMobilは、バイオ燃料と水素への戦略的投資も進めており、世界経済の中で脱炭素化が困難なセクターに対して、これらの低排出エネルギー技術を提供するための規模を拡大している。ExxonMobilは、世界のCCS生産能力(年間約900万トン)の約5分の1に相当する株式を保有している。

【参照ページ】
(原文)ExxonMobil, CNOOC and Shell to pursue carbon capture and storage hub in China
(日本語訳)エクソンモービル、中国海洋石油総公司、シェルが中国での炭素回収・貯留ハブを推進

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る