WBCSD、炭素排出データの標準的交換のための最初の技術仕様一式を発表

WBCSD、炭素排出データの標準的交換のための最初の技術仕様一式を発表

6月16日、持続可能な発展のための世界経済人会議(WBCSD)が主催する炭素の透明性のためのパートナーシップ(PACT)は、炭素排出データの標準的交換のための最初の技術仕様一式を発表した。本仕様により、初めて、排出量と会計の異なる技術ソリューションを相互に接続し理解できるようになり、企業がデータにアクセスすることが容易になる。

本仕様は、企業が脱炭素化を進める上で基本となる炭素の透明性を高めるための重要な進展であり、今年4月のPACTによる最初のデータ交換に続くものである。

企業は、Scope3排出量、すなわちサプライチェーンで発生する排出量に取り組む必要性をますます認識しつつあるが、多くの企業はまだ十分な透明性を確保するのに苦労している。その主な原因として、バリューチェーン全体のデータにアクセスすることの困難さが挙げられる。

そのため、企業は炭素会計や排出権取引技術のソリューションを採用しているが、これらのソリューションには、相互運用性、すなわち互いに接続し、情報を交換し、交換された情報を理解する能力という重要な機能が欠けている。

PACTの技術仕様は、本課題の解決を目的としている。データ交換プロトコルは、技術的な観点からソリューション同士の接続を可能にする。また、異なるソリューション間でのデータの理解を可能にする。最終的には、データが(技術的な)サイロの中に留まってしまうリスクを減少できる。

【参照ページ】
(原文)Partnership for Carbon Transparency (PACT) sets foundations for standardized emissions data exchange
(日本語訳)WBCSD、炭素排出データの標準的交換のための最初の技術仕様一式を発表

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-6-25

    Workivaのサーベイ:自社のESGデータを7割以上の経営幹部が信頼をしていない

    6月23日、ビジネスデータ・報告ソリューションプロバイダーのWorkivaが発表した新しい調査によ…
  2. 資産運用会社Oaktree、ポートフォリオのGHG排出量を測定・報告することを約束

    2022-6-25

    資産運用会社Oaktree、ポートフォリオのGHG排出量を測定・報告することを約束

    6月22日、オルタナティブ投資に特化したグローバルな資産運用会社であるOaktree(オークツリー…
  3. 2022-6-25

    Brookfield、過去最大のネット・ゼロ移行ファンドで約2兆円を調達

    6月22日、グローバルなオルタナティブ資産投資家であるBrookfield(ブルックフィールド・ア…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る