BofA、排出集約型セクターへの融資による気候変動への影響を軽減することを約束

2022年4月、バンク・オブ・アメリカ(BofA)は、主要な排出集約型セクターにおける融資活動に伴う排出量を削減するための一連の中間目標を発表した。

自動車製造、エネルギー、発電の各分野を対象とした本目標は、BofAの「ゼロへのアプローチ」戦略の中で発表され、気候変動目標の達成に向けた同行のアプローチと目標設定プロセスが示されている。BofAは昨年、2050年までに融資活動、業務、サプライチェーンにおける温室効果ガス(GHG)排出のネット・ゼロを約束した。

BofAの新たな融資による排出目標には、Scope1、2および最終用途Scope3の排出量を含む自動車製造の強度を44%削減する2030年の目標、エネルギー部門の排出強度をScope1、2で42%、Scope3で29%、発電強度をScope1で70%削減する2030年の目標が設定されている。

同行のアプローチでは、ネット・ゼロ移行への資金調達を支援する戦略についても触れている。本計画の主な柱は、商品・サービスの開発や気候変動対策への投資を通じて顧客自身のネット・ゼロ目標達成を支援すること、同等のコミットメントや情報開示を推進するための業界基準や世界基準の提唱、意思決定に有用な指標を開発するためのデータ分析、科学と整合したマイルストーン目標の設定、TCFDやネットゼロバンキング・アライアンスの指針に沿った進捗状況の報告などが含まれている。

【参照ページ】
(原文)Approach to Zero

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る