Sam’s Club、持続可能な調達、サプライチェーンに関する目標を発表

4月19日、ウォルマートの倉庫型クラブチェーンであるSam’s Clubは、プライベートブランドであるメンバーズマークの「目的志向のブランド」への進化を目指し、サステナビリティに焦点を当てた一連のコミットメントを発表した。本取り組みには、メンバーズマークの製品に使用する食品や原材料を持続可能な方法で調達し、循環型パッケージの使用を促進し、同ブランドのサプライチェーンの排出量を削減する目標が含まれている。

メンバーズマークブランドの取り組みのいくつかは、2025年の持続可能な調達に関する新たな目標を中心に展開している。本取り組みには、動物福祉、飼料、放牧、抗生物質の使用に関するガイドラインに従ってすべての動物性タンパク質を調達すること、抗生物質を使用せずに飼育した鶏肉製品のみを提供すること、Global Sustainable Seafood Initiative認定の農場および漁業から100%の水産物を調達すること、すべての卵製品をケージフリーにすること、すべてのコーヒー、紅茶、ココア製品をフェアトレード認証にすること、が含まれている。

さらに2025年の目標を、青果物、花卉、植物を100%総合的害虫管理認証を取得し、パーム油を100%責任を持って調達し、家庭用品とアパレル製品に100%持続可能な綿を使用し、アスパルテーム、ベンジルアルコールからホルムアルデヒド、高果糖コーンシロップまで、約40種類の成分や原材料からなるブランドの「Made Without」リスト上の成分をすべての製品から排除することとしている。

Sam’s Clubは、持続可能なパッケージングに関する目標も掲げており、メンバーズマークのパッケージを100%リサイクル可能、再利用可能または工業的に堆肥化可能なものにすること、2025年までにパッケージデザインにおけるバージンプラスチックを削減すること、などが含まれている。また、2025年までに製品に使用される木材の100%をリサイクル素材またはFSC(森林管理協議会)認証材とし、2028年までにすべての紙とパルプをリサイクル素材またはFSC認証材とすることを目指している。

同サプライチェーンにおいて、Sam’s Clubは、メンバーズマークのサプライヤーにウォルマートのプロジェクト・ギガトンへの参加を呼びかけるという。小売大手が2017年に開始したこの取り組みは、2030年までにウォルマートのグローバルサプライチェーンから10億トンの温室効果ガス排出をなくすことを目指すものだ。

【参照ページ】
(原文)Sam’s Club Reveals New Ambitions for Member’s Mark Brand
(日本語訳)サムズクラブ、メンバーズマークブランドの新たな野心を明らかに

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る