JPMorgan Chase、人種的公正監査のために第三者を起用

3月24日、JPMorgan Chaseは、人種的平等に対するコミットメントを強化するため、この取り組みに関する監査を第三者に依頼する意向であると発表した。同社は、SOCインベストメント・グループおよびシェアによる人種的平等監査の株主提案に成功し、これを取り下げたことを受けて、今回の決定に至った。監査は独立監査法人によって行われる予定である。

監査の対象となる当社の「300億ドルの5年間の人種的平等へのコミットメント」は、黒人・ヒスパニック・ラテンアメリカ系コミュニティにおける人種間の貧富の格差を解消することに重点を置いている。同社は、2021年10月にこのコミットメントの進捗状況を公表し、今後は年次ESGレポートで最新情報を共有する予定である。

JPMorgan Chaseは、2022年末までに監査結果に基づく報告書を作成し、公表する予定である。この第三者監査は、同社の「人種的公正の約束」に関連するプロセス、商品、義務を検討・評価してきた内部監査機能を含む、当社の既存のリスクとコントロールの取り組みに基づくものである。

JPMorgan Chaseは、「人種的公正の約束」やその他の取り組みについて、長年にわたり公民権や公正を支持してきたグループであるチェース・アドバイザリー・パネルなど、外部のステークホルダーと定期的に関わり、貴重な意見を求め、その成果を報告し、進捗状況の報告に役立てている。

【参照ページ】
(原文)JPMorgan Chase Engages Third-Party for Racial Equity Audit
(日本語訳)JPMorgan Chase、人種的公正監査のために第三者を起用

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る