JPMorgan Chase、人種的公正監査のために第三者を起用

3月24日、JPMorgan Chaseは、人種的平等に対するコミットメントを強化するため、この取り組みに関する監査を第三者に依頼する意向であると発表した。同社は、SOCインベストメント・グループおよびシェアによる人種的平等監査の株主提案に成功し、これを取り下げたことを受けて、今回の決定に至った。監査は独立監査法人によって行われる予定である。

監査の対象となる当社の「300億ドルの5年間の人種的平等へのコミットメント」は、黒人・ヒスパニック・ラテンアメリカ系コミュニティにおける人種間の貧富の格差を解消することに重点を置いている。同社は、2021年10月にこのコミットメントの進捗状況を公表し、今後は年次ESGレポートで最新情報を共有する予定である。

JPMorgan Chaseは、2022年末までに監査結果に基づく報告書を作成し、公表する予定である。この第三者監査は、同社の「人種的公正の約束」に関連するプロセス、商品、義務を検討・評価してきた内部監査機能を含む、当社の既存のリスクとコントロールの取り組みに基づくものである。

JPMorgan Chaseは、「人種的公正の約束」やその他の取り組みについて、長年にわたり公民権や公正を支持してきたグループであるチェース・アドバイザリー・パネルなど、外部のステークホルダーと定期的に関わり、貴重な意見を求め、その成果を報告し、進捗状況の報告に役立てている。

【参照ページ】
(原文)JPMorgan Chase Engages Third-Party for Racial Equity Audit
(日本語訳)JPMorgan Chase、人種的公正監査のために第三者を起用

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る