Hamilton Lane、持続可能な投資プラットフォーム向けに1,180億円超を調達

Hamilton Lane、持続可能な投資プラットフォーム向けに1,180億円超を調達

5月23日、オルタナティブ投資運用会社Hamilton Laneは、社会・環境インパクトに特化したファンド「Hamilton Lane インパクト・ファンドII」を3億7,000万ドル(約520億円)で最終決済したほか、セパレートアカウント内で5億ドル(約700億円)以上のサステナブル投資資金を調達するなど、同社のサステナブル投資プラットフォーム全体で8億5,000万ドル(約1,180億円)超を調達したと発表した。

2021年に開始されたインパクト・ファンド IIは、バイアウト、グロース、後期ベンチャー、クレジット、リアルアセットなど、地域や戦略を問わず直接投資を行い、変革技術、イノベーション、効率性への投資に重点を置いている。投資対象は、クリーンエネルギーの転換、持続可能なプロセス、健康と福祉、地域開発に焦点を当てた企業である。

Hamilton Laneによると、インパクト・ファンド IIはこれまでに9件の投資を行い、主にスマートで効率的な都市、オンライン労働力訓練と教育、風力タービンやエネルギー貯蔵システムの設計と製造、炭素追跡と管理などのテーマで、変革的技術、イノベーション、効率を活用した成長投資を対象にしている。

3億7,000万ドル(約520億円)の資金をコミットした本ファンドは、2020年7月に9,500万ドル(約130億円)以上のコミットで最終クローズを発表した前身ファンド「インパクト・ファンド I」の約4倍の規模となっている。

【参照ページ】
(原文)Hamilton Lane Expands Sustainable Investment Platform, Raising More than $850 Million with Close of Second Impact Fund and Across Separately Managed Accounts
(日本語参考訳)Hamilton Lane、持続可能な投資プラットフォーム向けに1,180億円超を調達

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る