HSBC AM、AMPキャピタルのインフラチームを買収。ESG統合型ファンドを立ち上げ

3月28日、 HSBCアセット・マネジメントは、上場インフラチーム7名の採用を発表した。新チームの加入に伴い、HSBCは、EUの持続可能金融情報開示規則(SFDR)の第8条に分類され、環境または社会的特性の促進を示す「グローバル上場インフラ株式ファンド」を新たに立ち上げた。

本発表は、持続可能な投資への注目の高まりや、クリーンエネルギーへの移行がもたらす機会によって、インフラストラクチャなどの代替投資資産クラスが人気を集め続けていることを受けて行われたものだ。HSBCによると、「インフラストラクチャーは、エネルギー転換を実現する上で極めて重要な資産クラス」であり、新ファンドは、ESG認証を投資プロセスに完全に統合するという。

新チームは、AMPキャピタルで10年間勤務した後、上場インフラ・エクイティの責任者としてHSBCに入社したジュゼッペ・コロナが率いている。コロナ氏は2016年からAMPでグローバル上場インフラストラクチャのヘッドを務め、AMPキャピタル・グローバル上場インフラファンドのリード・ポートフォリオ・マネージャーを務めていた。チームはロンドンとシドニーに分かれて活動する。

また、本ファンドは、先進国および発展途上国の株式市場の上場インフラ資産に分散投資し、通信・エネルギー・輸送・公共事業の各分野への投資に焦点を当てる予定だ。

【参照ページ】
(参考記事)HSBC AM LAUNCHES LISTED INFRASTRUCTURE EQUITY TEAM LED BY AMP VETERAN
(日本語訳)HSBC AM、AMPベテランが率いる上場インフラストラクチャエクイティチームを立ち上げ

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る