カルパース、14兆円のネット・ゼロ戦略を発表

11月13日、カルパースは、同基金のポートフォリオをネット・ゼロに向けて加速させるため、包括的なサステナブル投資戦略「サステナブル投資2030戦略」を発表した。本取り組みでは、2030年までに気候変動対策に1,000億ドル(約14兆円)を投じ、炭素排出量削減の信頼できる計画を持たない投資先は売却することで、企業の説明責任を果たす。

サステナブル投資2030戦略は、2030年までにカルパースによる投資の炭素排出強度を50%削減するための、達成可能で具体的な一連の行動を提案している。本計画は、2050年までに投資による炭素排出量と炭素削減量のバランスをとるというカルパースの全体目標の一部である。

カルパースは現在、470億ドル(約7兆円)近くの低炭素資産を保有している。新たなコミットメントにより、その額は2倍以上となる。

サステナブル投資2030戦略はまた、CO2排出量の削減に関して、企業に対する明確な説明責任を確立する。カルパースの投資マネージャーは、信頼できるネット・ゼロ計画を持たない特定の証券から撤退するプロセスを開発する。

カルパースのネット・ゼロ計画は、ポートフォリオと経済の両方を脱炭素化する責任を、消極的な投資売却努力によって他者に転嫁すべきではないという信念に基づいている。実際、本計画は、グリーンエネルギーへの移行に取り組んでいる企業への資金援助に依存している部分もある。

気候変動以外にも、サステナブル投資2030戦略は、様々な取り組みを通じて、ダイバーシティ・エクイティ・インクルージョン(DEI)を推進している。その中には、社外マネジャーを対象とした多様性の達成状況の調査や、規制要件や株主行動に関する継続的な取り組みも含まれる。また、より多くの企業報告、労働力評価の改善、労働者の公正な待遇を保証する労働原則の推進を提唱することで、人的資本管理に新たな焦点を当てている。

【参照ページ】
(原文)CalPERS Announces $100 Billion Net Zero Pledge and New Climate Accountability Measures
(日本語参考訳)カルパース、14兆円のネット・ゼロ戦略を発表

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る