カルパース、14兆円のネット・ゼロ戦略を発表

11月13日、カルパースは、同基金のポートフォリオをネット・ゼロに向けて加速させるため、包括的なサステナブル投資戦略「サステナブル投資2030戦略」を発表した。本取り組みでは、2030年までに気候変動対策に1,000億ドル(約14兆円)を投じ、炭素排出量削減の信頼できる計画を持たない投資先は売却することで、企業の説明責任を果たす。

サステナブル投資2030戦略は、2030年までにカルパースによる投資の炭素排出強度を50%削減するための、達成可能で具体的な一連の行動を提案している。本計画は、2050年までに投資による炭素排出量と炭素削減量のバランスをとるというカルパースの全体目標の一部である。

カルパースは現在、470億ドル(約7兆円)近くの低炭素資産を保有している。新たなコミットメントにより、その額は2倍以上となる。

サステナブル投資2030戦略はまた、CO2排出量の削減に関して、企業に対する明確な説明責任を確立する。カルパースの投資マネージャーは、信頼できるネット・ゼロ計画を持たない特定の証券から撤退するプロセスを開発する。

カルパースのネット・ゼロ計画は、ポートフォリオと経済の両方を脱炭素化する責任を、消極的な投資売却努力によって他者に転嫁すべきではないという信念に基づいている。実際、本計画は、グリーンエネルギーへの移行に取り組んでいる企業への資金援助に依存している部分もある。

気候変動以外にも、サステナブル投資2030戦略は、様々な取り組みを通じて、ダイバーシティ・エクイティ・インクルージョン(DEI)を推進している。その中には、社外マネジャーを対象とした多様性の達成状況の調査や、規制要件や株主行動に関する継続的な取り組みも含まれる。また、より多くの企業報告、労働力評価の改善、労働者の公正な待遇を保証する労働原則の推進を提唱することで、人的資本管理に新たな焦点を当てている。

【参照ページ】
(原文)CalPERS Announces $100 Billion Net Zero Pledge and New Climate Accountability Measures
(日本語参考訳)カルパース、14兆円のネット・ゼロ戦略を発表

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る