農水省、フードサプライチェーンでのカーボンニュートラル化のためのCO₂排出量算定シートを公表

9月12日、農林水産省はフードサプライチェーンでのカーボンニュートラル化を進めるために、農産物の生産段階における温室効果ガスの排出量を算定できる「温室効果ガス簡易算定シート」を作成し、公表した。

本シートでは、コメ、トマト、キュウリの3品目を対象としており、排出量を簡易算出できる。今後対象品目を拡大していく予定だ。分解しにくい形態の炭素を長期間地中に貯留する技術であるバイオ炭の農地施用や水田からのメタン排出を削減する栽培技術である中干し期間の延長による温室効果ガスの削減効果を反映することが可能だという。

今後は、先行して行った本シートによる算定結果を利用して、温室効果ガス削減効果を「見える化」した農産物を実証販売するという。

【参照ページ】
農産物の脱炭素の「見える化」をしてみませんか

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る