三井住友信託銀行、受託不動産の脱炭素化のための取り組みを開始

9月8日、三井住友信託銀行株式会社は、信託受託した不動産の脱炭素化推進をサポートするための取り組みを開始したと発表した。具体的には、非化石証書受託者購入サービスとGHG排出量算定サポートを行うという。

非化石証書受託者購入サービスでは、不動産信託の受託者である同社が受益者に代わって非化石証書を購入する。同サービスを通じて、非化石証書の流通促進、および日本全体の再生可能エネルギー割合の増加に寄与していくという。

GHG排出量算定サポートでは、三井住友銀行は、株式会社ゼロボードが開発・提供するクラウドサービス「zeroboard」を活用して、受益者が保有・運用する不動産のGHG排出量を把握するためのサポートを行う。GHG排出量の現状を可視化することからサポートし、受益者との対話を通して、不動産の脱炭素化に向けたトータルソリューションを提供する。

【参照ページ】
子会社による受託不動産の脱炭素化推進をサポートするサービス開始について

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る