ホンダ、二輪製品で2024年にカーボンニュートラルを実現

ホンダ、二輪製品で2024年にカーボンニュートラルを実現

9月13日、本田技研工業は二輪製品で2040年代にカーボンニュートラルを実現すると宣言した。また、2050年までにグローバルで、電動二輪車を合計10モデル以上投入するという。今後5年以内に100万台、2030年にホンダの総販売台数の約15%にあたる年間350万台レベルの電動二輪車の発売を目指す。

コミューターEVについては、「Honda e: ビジネスバイク」シリーズを展開しており、すでに日本郵便やベトナムポストで活用されている。さらに、タイランドポストとの共同実証を開始し、タイでは今月「BENLY e:(ベンリィイー)」の生産・販売開始を予定するなど、ビジネス用電動自転車の海外展開を加速している。また、パーソナルユースにおいても、2024年から2025年の間に2モデルを投入、アジア、欧州、日本で販売する予定だ。

コミューターEM・EBについては、よりコンパクトで求めやすい価格のEM・EBを、今年から2024年の間に、中国に加えアジア、欧州、日本に計5モデル投入する予定である。また、現在開発を進めているFUN EV向けプラットフォームを活用した大型モデルを、2024年から2025年の間ににほん、米国、欧州に計3モデル投入予定だという。加えて、キッズ向けモデルも投入する。

同社は今後充電インフラの整備と、バッテリーの規格共通化に向けた取り組みを行うという。具体的には、バッテリーシェアリングの拡大、バッテリーの規格共通化と行うという。また、ソフトウェア領域の強化として、航続可能距離を踏まえた最適ルートや、充電スポットの案内、安全運転コーチングやアフターサービスの支援など、移動距離の質を持続的に豊かにするUX(ユーザーエクスペリエンス)を、2024年に発売予定のコミューターEVから順次提供していく。

【参照ページ】
二輪事業の取り組みについて

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る